Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

旅をしけたけりゃカラダを整えろ!?あそび隊式カラダのコンディショニング方法

calendar

reload

旅をしけたけりゃカラダを整えろ!?あそび隊式カラダのコンディショニング方法

旅に必要なモノ。

時間…お金…スマホ…英語力…勇気…???

うん、確かに確かに。どれもこれも、必要なモノばかり。

でもね、忘れちゃならないのが、

「健康なカラダ」!!

コレがなければ、旅はやっぱり続けられません。

特に、あそび隊のように、

ハイジのごとく大自然の中をかけまわりたい派の旅人にとって、

健康なカラダは必須なんです。

みなさんも、そうでしょう!??

今回は、旅の第一条件(少なくともあそび隊にとって)、

「健康なカラダ」にまつわるお話です。

あそび隊の隊長が体験したカラダの異変にはじまり、

セルフメンテナンスの仕方まで、紹介していきます!

スポンサーリンク

「健康なカラダ」ってどんな状態?

まず、あそび隊が考える「健康なカラダ」について、

簡単に説明させていただくと…

崖沿いを歩く隊長の画像
自分の行きたいところ、
やりたいことを思いっきり出来るカラダ!

かな。

具体的には、

アルプスの山々を週3日以上歩いても平気なカラダ(笑)

もちろん、その人の旅スタイルによって、求めるカラダレベル?は異なります。

ただ、

車いす生活だから健康じゃない、とか、

病気を持っているから健康じゃない、とか

歳だから健康じゃない、とか、

そういうことではアリマセン。

スイスの山には、車いすの人だって、妊婦さんだって、

かなりのご高齢の方だっていらっしゃいましたからね。

これは、個人のカラダとココロが健康である、ということだけでなく、

鉄道やロープウェーが山頂付近まで走っていたり、

ハイキングコースがしっかりと整備されていたりと、

誰もが気軽にアルプスの山々を楽しめる、

そんなスイスの環境があってこそ、なんですけどね。

「健康なカラダ」があってこそ、自分のやりたいことを思いきり出来るし、

行きたいところにも行ける。

カラダが全ての資本だ!と、あそび隊は考えています。

ヤバイ!おしりが痛すぎて旅が続けられない…!??

ゆる旅を始めて1か月ちょっと過ぎたころ。

イタリアから、念願のスイスに入ろう!という矢先、

隊長のカラダに異変が起こります。

おしりが…イタイ。

筋肉?骨?どこが痛い?と聞かれても、当の本人もよく分からない。

そして、座れない。

スイスに向かう列車の中で、まともな格好で座れない…。

おいおい、まさか、スイスのハイキングを楽しむ前に、旅、終了?????
山歩きがしたくて、世界に飛び立ったのに???

そんな一抹の不安を抱える隊長。

そんなことつゆ知らず、ひとりルンルン気分で、
クッキーを頬張りながら、列車の旅を楽しむ新人。

ここから隊長の必死の猛リサーチがはじまります。

自分のおしりの痛みが何なのか、
「動かしてはイケナイ痛み」なのか、それとも「動かしてイイ痛み」なのか。

スイスの山を歩くまでは、帰れまテン!!!

で、リサーチの結果、「動かしてイイ坐骨神経痛である」と、勝手に判断。

10キロのバックパックを背負い、5キロのサブリュックを前にかけ、

もやしのようなひょろいカラダで歩くわけですから、

そりゃ、カラダが悲鳴をあげるのも無理ありません。

でも、「動かしてイイ痛み」だったのが不幸中の幸い。

メンテナンス次第で、痛みも和らぎ、動けるカラダになるはず!!

驚異のカラダストレッチ!3日で痛み解消!!

「動かしてもイイ痛み」という自己判断のもと、

その日から早速、ストレッチを開始。

ただのストレッチではアリマセン。

ゆる旅をはじめる前に、隊長が体得した、

呼吸を大切にしながらカラダをゆるめる

最高のストレッチ!!です。

毎朝40分かけて、息をゆ~っくり吐いたり吸ったりしながら、カラダのメンテナンスを行います。

毒素をカラダの外に出し、カラダに良いモノを取り入れるイメージ。

このストレッチを3日ほど続けたところ、、、

なんということでしょう~♪♪♪

痛みが和らいでいるではありませんかっ!!

もちろん、「劇的に痛みがとれた」のではなく、「徐々に軽減していった」わけですけどね。

ストレッチを3日間続けたことによって、

隊長は、「よし!イケる!」と、確信したそうです。

ん?どこに?

もちろん、アルプスですよ~~~っ!!!

健康なカラダが、旅をより楽しくさせる!

それからというもの、

  • 山歩きやサイクリングをしたとき
  • バックパックを背負っての長距離移動のとき

など、カラダに疲労を感じた時は、必ずストレッチでカラダをゆるめる隊長。

おかげで、

グロッセシャイデックから歩いている画像
スイスでは週3日以上のペースで山歩きができたし、


オランダのチャリ旅では、5日間で総距離200キロ走ることができたし、

イサロ頂上からの景色と隊長の画像
3週間にわたるマダガスカルの過酷な旅も生き残れました。

ほんと、あそび隊はいつでも「健康なカラダ」で

旅をめいっぱい楽しむことができました。

やっぱり「健康なカラダ」あっての旅!!

みなさんも、ぜひ、カラダの声を聞いて、

ときにはメンテナンスをしてあげてください。

手をかけてあげれば、カラダは裏切りません!!!

ちなみに、このストレッチ。

ゆる旅から帰国後、さらなる進化をとげ、

「ゆるポカ背骨ストレッチ」へとバージョンアップ。

そして、な・な・な・なんと!!

あそび隊が企画・運営する、カラダとココロのトータルケア「SORAMARU コンディショニング」(2019年5月スタート予定)で、「ゆるポカ背骨ストレッチ教室」をオープンさせちゃいます♪

少しでも多くの人に、

より快適で、より楽しい

リズムのある、身軽な旅をしてほしい!人生を送ってほしい!

と、いつも願っているあそび隊なのです。

あそび隊のカラダへの熱い思いを知りたい方!健康なカラダづくりに興味のある方!

ぜひ、こちらの「SORAMARU コンディショニング」の公式サイトものぞいてみてくださいな。

近いうちに、旅人さん専用のカラダコンディショニングサービスを始めたいなぁ、なんて。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

12/10〜「旅ものがたり展」やります

旅ものがたり展の画像

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]