Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

【運を味方に☆】トラブルは「何とかなる」と思えば、ホントに何とかなる!?

calendar

「トラブルには合わなかった??」

ときどき聞かれる質問です。

そりゃあ、出くわします!大なり小なりのハプニング…。

迷子になったり、

乗るはずだった電車に乗り損ねたり、

シャワーから出る水がまさかの塩水だったり。

かつて、あそび隊の新人は、けっこうな心配性でありまして、

ちょっとしたイレギュラーで、ぷちパニックになることも。

でもね、ゆる旅を通して学んだんです。

あ、トラブルって、ココロのあり方ひとつで「何とかなる」もんなんだな、と。

自分のココロが変われば、状況が変わる。
状況が変われば、結果も変わる。

そんな風に思えるようになりました。

うん、心配性の新人は、旅を通して大きく成長したんです。

今回は、新人のような心配性な方に向けて、

トラブルが起きたときのココロのあり方について、お伝えしていきたいと思います。

さあ、みなさんも、心配性の殻を捨てちゃおーう!!

スポンサーリンク

「もうダメだ…」「ツイてない…」vs「ぜったい何とかなる!」

あそび隊がタスマニアを旅しているとき、乗車予定のバスに乗れなかったことがありました。

ま、そんなことは日常茶飯事だったのですが、

このときばかりは、焦りました。

だって、そのバスに乗れなかった=最終目的地である Kettering Ferry Terminal 行きの最終便バスに乗り換えられない…、

という図式が、私たちの頭の中に浮かんだから。

次の日に行けばいい??

いやいやいや、もうね、どうしてもその日中に行って、自転車借りて、1泊2日のサイクリングをしたかったんですっ。

サイクリング屋のおじちゃんだって、待ってるんだから。

と、いつだって、並々ならぬサイクリング愛を持つあそび隊なのです。

このとき、心配性の新人の頭のなかは、

あ~、もう、どうする?
間に合わないよ~っ!
もうダメだ…ツイてないっ!
なんで時間を間違えたんだっ!!

と、ネガティブモード。

ひとり悲劇のヒロイン状態です。

それに比べ、余裕のよっちゃん隊長は、

ぜったいに何とかなる!
ぜったいに間に合う!!

と、落ち着いたご様子。

パ二くる新人をなだめ、とりあえず次に来たバスに乗り込みます。

停留所でバスが止まる度に、時間を気にし、

ちょいちょいマイナスなことを言う新人に対し、

「大丈夫。間に合うよ!」と、ちょ~ポジティブ対応な隊長。

マイナスなココロでいたら、
マイナスなことが起こっちゃうでしょ!!

だって。

フン。そんなこと言ったって、心配なもんは心配だもん…。
と、ふくれっ面の新人。

…ま、隊長の言うことも分かるけどね。ぷんすか。
と、自分のココロと格闘しながらも、どうにかこうにか、落ち着く新人。

今思えば、新人のマイナス感情があまりにもむき出しだったから、

隊長はそれ以上にプラス感情だったのかもしれません。

やっぱね、全てはバランスなのでね。

バスに揺られること約30分。乗り換え地点が見えてきた。

はたして、あそび隊は乗り継ぎのバスに間に合ったのか否かっ!??

まだ起こっていないことを心配しても仕方ない!!

トラブル発生から約1時間後。

あそび隊は、るんるん気分でバスの中。

そう!つまり!!

最終目的地のケタリングフェリーターミナル行きの最終バスに、乗り換えることができたわけです。

隊長が言った通り、「何とかなった」のです。

あれだけ無理そうだったにも関わらず。

あれだけ新人が心配していたにも関わらず。

このとき、新人は思うんです。

あれ?ほんとに何とかなったぞ。
心配していた自分は、一体何だったんだ??

心配性の新人に、隊長は日ごろからよく言っておりました。

まだ起こってもいないことを、
あーだこーだ心配しても仕方ない。

ふむふむ、なるほど。

確かに、結果がどうなるかを心配する必要はないのかも。

あたふたしたところで、結果は変わらないわけだし。

無駄な心配ってところかな。

むしろ、ぐちぐち言っていたら、ココロの中も大荒れ状態。

その結果、余計マイナスな結果につながるかもしれない。

「こんなときに限って…」的なことが起こりやすくなるかもしれない。

それだったら、

「何とかなる!」とドーンと構えて天にゆだねる

のも悪くないのかな。

そんな風に、ゆる~く考えるようになり、

トラブル時のココロのあり方を変えてみると、

ほんとに「何とかなる」結果に落ち着くから、フシギなもんです。

思い返してみると、こうした体験は、この出来事だけでなく、

旅をしている間中、多々ありました。

北イタリアで予約した宿が見つからず、露頭をさまよったときも、

クロアチアで予約した宿のオーナーさんと連絡がとれず途方に暮れたときも、

オランダの田舎道で自転車のタイヤがパンクしたときも。

いや~、ほんと、いつだって何とかなったし、

その度に、助けてくれた人たちの優しさが身に染みて身に染みて。

そっか、そっか。
まだ見ぬ結果を心配しても仕方ないこと!なんだ。

もうね、こうなってくると、

ハプニングひっくるめ、体験した全てのことにありがとう!ってな境地です。

旅を通して新人が学んだ、と~~~っても大切なココロのあり方なんです。

「今」に焦点を当てて、できることをやる!

トラブルが起きても、「何とかなる」と信じ、ココロをフラットに保つ。

大切なのは、これだけではありません。

あそび隊の体験から言わせていただくと、

「今」に焦点を当てて、できることをやる!

ことも、トラブル発生時には大切なこと。

たとえば、タスマニアのバスの一件のとき、

ただひたすらに「間に合いますように…」と手を合わせるだけだったか、

と言うと、そうではアリマセン。

バスの中で、手を合わせて祈ること以外にあそび隊がしたこと。

それが、「運転手さんに話をする=自分にできることを行動に移す」でした。

何時ごろ着くのか、
何時に乗り換えのバスが出るのか、

そんなことを運転手さんに聞きに行ったわけです。

いつもはそんなに積極的じゃないけれど、切羽詰まってましたからね。

必死です!行動あるのみ!!だったんです。

でも実際に、この「行動する」が、ビンゴ!!!

運をぐぐっと引き寄せました。

あそび隊がバス停に到着したとき、乗り換えのバスの発車時刻は過ぎていました。

もはやここまでか…と思いながらも、最後の悪あがきでバス停まで猛ダッシュ。

そこにバスの姿はありません…。

がっくし肩を落としていると、1台のバスがあそび隊の前で停車。

「Kettering まで行きたい子って君たちのコト?」

ん?このおじさん、なんでうちらのこと知ってんの?
ていうか、このバス、どこ行き!?

とフシギそうな顔をしているあそび隊に向かって、バスの運転手さんは、

「このバスが Kettering 行きだよ。乗ってきな!」

っっって!!!!!!

ううう、、、バスの運転手さんから後光さしてるっ!

まさしく、神さまが降臨した瞬間でございました。

なんて運がいいんだろう♪と、

意気揚々とバスに乗り込んだのは言うまでもアリマセン。

きっと、私たちの事情を知った最初のバスの運転手さんが、

無線でこのバスに連絡を入れてくれたにちがいありません。

なんてありがたいのでしょう!

あのとき、積極的に行動してホントによかった!!

…と、自分たちの都合の良いように勝手に推測し、感謝する。

これもまた大事かな、と思います(笑)

「まだ見ぬ結果」を心配する必要はないけれど、「今」と向き合い、「今」できることをやる。

結局は、「今」どう行動するか
それが、結果につながるのかな。

と、思うあそび隊なのです。

「運」を味方につけて、ハプニングを楽しむ旅に!

旅は予測不可能です。

自分の思い通りにいかないことも、たっくさんあります。

きっと、みなさんの旅も、ぎょぎょっとしたり、ハラハラしたり。

でもそんなとき、ふと思い出してほしいんです。

今回あげた、あそび隊流のハプニング攻略法を(笑)

まだ見ぬ結果を心配して怖がるよりも

深呼吸して、ココロ落ち着かせ、「何とかなる」とまず唱える。

そして、「今」やるべきことをやる。

この時点で、実はトラブルは解決に向かっています。

やっぱり、マイナスなココロが、マイナスなことを引き寄せるので、ね。

プラスのココロで運を味方につけて、トラブルそのものも楽しめる。

みなさんにも、そんな旅をしてほしいなぁ、と思います♪

だって、結局のところ、ハプニングが起こるからこそ、

面白味のある、味わい深い、その人にしか体験できない旅になるのですから!

Enjoy Something Unexpected!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊の新プロジェクト!

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]