Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

人生を楽しむために「働く」という考え方

calendar

reload

人生を楽しむために「働く」という考え方

既婚者だって、おひとりさまだって、働かなくっちゃあ、生きていけない。

毎日せっせせっせと働いて、気付けば、ギブ寸前のてんてこ舞い。

それでも、みんなだってそうなんだから!と自分に言い聞かせ、

仕事帰りのビール(もしくは甘いスイーツ)でエネルギー補充。

日本で仕事をしているとき、私(新人)の状態はまさにこんな感じでした。

そうした毎日にサヨナラをして、日本から旅立って、世界の人と触れ合って気づいたこと。

あれ?世界はもっと、ゆる~く回ってるんじゃない?
なんか、世界の大人はもっと人生を楽しんでるんじゃない?

もしかして、
生活を送るために「働く」以外の考え方も、あるんじゃない?

スポンサーリンク

世界はもっとゆる~く回ってる!?

アルプスの山々を18日間歩いたあそび隊。

大自然を間近に感じ、山小屋ではさまざまな国の人と話し。。。

たっくさんの刺激をもらいました。

何度か山小屋にお世話になることもありました。

こぢんまりとした、昔ながらの山小屋もあれば、ディナーはフルコース並みで、おまけに温かいシャワーも出る!という快適なところも。

どんな山小屋にしろ、共通点は、

いろんな国の山好きさんたちが一堂に会し、食卓を囲むってこと。

これほど面白くて、刺激的な場所はアリマセン。

夕食時には、みんなでワイワイ。

今までに行ったところや興味のある国などの話はもちろんのこと、

互いの国について聞き合ったり。

特に、夏休みや余暇の過ごし方は、よく話題にあがったかな。

そこで聞かれたのが、

「日本人はなんで70歳くらいの年配者ばかりが歩いているの?」とか、
「夏休みはどのくらいあるの?」とか。

確かに、世界中からハイカーが集まるアルプスで、
すれ違った人たちを思い返してみると…

20代の女の子たちが、すんごい重そうなザック背負って歩いていたり、

5歳くらいの子が、スキップするみたいに軽々と岩場を登っていたり。

それに比べ、すれ違った日本人ハイカーと言うと…

グリンデルワルトでも、
ツェルマットでも、

……うん、年配の方たちばかりだったな…。

夏休みより早い時期だった、ということもあるしな…。

いや待て、それ以前に日本の場合は「山好き=年配者」ってことも…。

などと、あれこれ考える。

「どのくらい休みがあるのか」という質問について、

普通に働いている日本人は、夏休みは1週間くらい。
有休はだいたい年間20日くらいかな、

と話すと、
みんな、目が飛び出そうなくらい驚く。

ドイツ人は、夏休みが6週間あり、
中東で働くイギリス人教員は、年間の休みが4ヶ月もあるって!

そのイギリスおばちゃん教員は、

「日本のそんな働き方間違ってる!私が手紙を書くわ!!誰に書いていいのかわからないけど…。」と、少々、興奮気味。

ふむ、なるほど。
やはり日本は、休みが少なすぎなんだな~。
退職してからじゃないと、まとまった時間は作れないもんね。

どの国でも、仕事中に楽しそうにおしゃべりしながら、
余裕を持って働いていて、

さらに、たくさんの休みがあっても国は回っていそうなのに、

日本は毎年、たくさんの人がうつや病気になるほど
休みなく働かないと回らないのか??

いやいやいや、そんなワケないよね!??

と、ギモンに思うあそび隊なのです。

みなさんも、そう思いません?

いつでも120%の力で働くニッポン人はイレギュラーに弱い?

「人生=仕事」
「会社のために一生懸命働く」

これを美徳とする風潮がある日本。働いてなんぼ。

いつだって100%、いや、120%くらいの力で働きます。

日本人の勤勉さが、日本の成長につながったのは確かだと思います。

でも、いつでも全力!という真面目さが、余裕をなくし、自分を苦しめ、結果的に周りにもよろしくない影響が出始める…ってこともあると思うんです。

あそび隊だって、教員をしていた時は、真面目に!きっちり!働いていた(つもり)。

より良い学校づくりのため、子どものため、と真剣に取り組む毎日。

それこそ、寝る時間や休日まで削って仕事したことも。

周りも、誰もが忙しそうで、120%の力で働いていた気がします。

具合が悪くても、そう簡単には休みません!みたいな…。

でも毎日に余裕がないから、イレギュラーなことが起こると、それはもう大変!
対処しきれない…という事態が起こります。

それに比べ、外国人の先生たち(あそび隊はちょっと特殊な学校で働いていたので、教員の半分は外国人)は、どこかに余裕を残して働いている人も。

当時は「もっとしっかり働けや、コラッ!!」とココロの中でつぶやいていたもんです。ごめんよ、同僚。

でも、同僚の誰かが急用で休んだとき、

嫌な顔ひとつせず代わりに授業を引き受けてくれるのは、

外国人の先生だったな~、と。

日本人教員の方が、「勘弁してよ~っ」ってココロの声が顔に出ちゃってたかも。

そう考えると、

いつもどこかに余裕のある働き方をしている方が、
何かトラブルが起きた時に対処しやすいっ!

という見方もできるんじゃないかな。

余裕があれば、仕事の楽しさや素晴らしさを、もっとダイレクトに感じられるかもしれない。

だから、辞める直前の1年くらいは、だんだんゆる~く考えるようになり、

忙しい時ほど、適度に力を抜いたり、深呼吸したり、子どもと外で遊んだり。

実際にその方が、うまくいくことが多かったように感じます。

「手を抜けるところは、手を抜く」

これって、日本人が最も苦手とするコトであり、とても大事なコトだと、あそび隊は思います。

ニッポン人は人生を楽しむことが苦手!?

自分の人生は自分のもの。楽しむ権利がみんなにあります。

人生を楽しむ?そんなヒマと余裕は、ないでしょーよ!?

そんな言葉が返ってきそうですが…

でもね、私たちが出会った世界の人たちは、

生活のために仕事するだけでなく、自分の好きなことをするために働く!

という感覚も持ち合わせていた気がするのですよ。

つまり、

仕事だけでなく、自分の人生を楽しむことも大切にしている!!

ということ。

その点、私たち日本人は、人生を楽しむってことに鈍感な気が。

そもそも人生を楽しむって?どういうことだ!?

ストレス発散のため、毎日コンビニスイーツを食べること?

仕事帰りにビールを飲んで、同僚とグチをこぼすこと?

う~む、なんか違う。

だってそれって、その場限りの楽しみってだけだもんな。

本当にココロから欲しいもの、やりたいことではないだろうし。

一時の幸せを得られても、ココロは満たされず、ただただお金と健康を失っていく。

じゃあ、人生を楽しむってなんだろう。

人それぞれに答えはちがうと思うけど、

あそび隊的には、ココロが豊かになったり、潤ったりする体験をすること。

旅に出て、大自然に触れ、たくさんの人と交わる中で、

私たちはやっぱり自然が好きだし、人が好きだし、

そうした時間が自分たちにとって一番わくわくする。

自然の中に身を置くたびに、

生きててよかった~。
健康なカラダがあってよかった~。
こんな景色が見られるなんて、幸せ~。

って思う。

生きている実感をカラダ全部で受け止める。

これが、私たちの人生の楽しみ方。

新しい考えに触れ、刺激をもらい、自分たちをさらに成長させていく。

そんな時間を持つことが、あそび隊にとって、最高の喜びです。

中には、仕事が楽しくて仕方ない!!っていう人もいるけれど、そうじゃない人も多い。

どうしたって、「生活するための仕事」になりがちな日本人。

車や住宅ローンを返すため、子どもの教育費のため、老後のため。

とにかく生活するのにお金がかかるから、仕方のないことなのかもしれない。

休みだって圧倒的に少ないし。

それでも、自分の楽しみを見つけて、それが仕事をする原動力になったら、人生のキラキラ度がアップするんじゃないかな。

自分の人生、何を楽しみ、何に費やすか

あらふぉーのあそび隊は、いつもそんなことを考えながら、生きております。

みなさんも、一度きりの人生、もっと羽目を外して楽しみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

12/10〜「旅ものがたり展」やります

旅ものがたり展の画像

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]