Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

世界に旅にでて、初めて知った!ギモンだらけの日本人の「働き方」

calendar

あなたは今、どのくらい仕事に時間を費やしていますか?

1日に8時間?10時間?まさか、休みの日も??

あなたが、当たり前のように考えている、その働き方。もしかしたら、世界の「非常識」かもしれません。

今日の『いんすぱいあ』は、あそび隊が世界で触れた、日本とは全く異なる「働き方」のお話です。

あなたの「働き方」そのものを振り返る、ちょっとしたきっかけになれば、と思います。

スポンサーリンク

働きアリのように働くことが「当たり前」!?

働きアリのイラスト「日本人は、よく働く。」

世界から言われる、イメージのひとつですね。

日本人である私から見ても、

  • 休みが少ない
  • 残業してなんぼ
  • 8時間のがっつり実務
  • 都会では、避けては通れない満員電車

といった感じですから。え?イメージが古い?マイナス過ぎる??

たしかに、最近は、「朝活」なんていう言葉もでてきて、早めの出社・早めの退社を目指す会社もあるようですしね。

働き方も変わってきているのかもしれません。

それでも、古い体質が残っている会社のほうが、まだまだ多いのではないかなぁ~、と思っています。

働きアリのごとく、右も左も、せっせかせっせか。それが「社会人たるもの」。

周りも一生懸命働いているんだから、私もそうあるべきなんだ!

こんな日本の「当たり前」。

「定時に帰る」=プロフェッショナル!?

足早に帰宅する社会人のイラスト

かくいう私も、そんな日本の「当たり前」にどっぷりつかった社会人でした。

小学校教員をしていたころ、私の勤務時間は、朝8時15分から夕方5時まで。

定時は5時でしたが、定時には帰れません・・・。丸つけとか、保護者への連絡とか、いろいろとありまして。

そりゃもう、がっつり!みっちり!働いておりました。

あの頃は、学校でも、家でも、週末でも、毎日仕事をしていた気がします・・・。

今思えば、もっと効率よく時間を使えたな、というところもあるのですが。なにぶん、未熟者でして。

だから、定時に帰る!というのは、ムズカシイ話だったのです。

でも、私たちの同僚でインド出身の先生は、いーーーっつも5時に帰る。

彼に言わせると、それこそが「プロフェッショナルだ」と。

当時は、彼の言っていることが、ちんぷんかんぷん。

「なんで、それがプロフェッショナルなんだぁぁぁ?」と、「ハテナ?」が頭をぐるぐる。

それどころか、心の中では、「定時なんかに帰っちゃって!仕事、ちゃんとやってよ~」とさえ、思っていました。ほんと、がっちがちの日本人の考え方ですね。

彼の言わんとしていることが何となく分かったのは、仕事をやめ、日本を飛び出したとき。

さまざまな国で、日本とは全く異なる働き方をしている人たちと出会えたから。

「子どもがいない学校で、何するの?」

フランスで、3泊4日のぷち・ツール・ド・モンブラン(モンブランの周りをハイキング)を体験しているとき、山小屋で、とあるイギリス人教員の女性と出会いました。

教員同士、ということもあり、話が弾み、話題は日本の休暇の取り方へ。

「夏休みは、1週間~10日くらいが一般的かなぁ」と私たち。

そしたら、目をまっる~くして、

「なんで、それだけしか休みがないの?」
「子どもだっていないのに、学校に行って、先生たちは何をするの?」と。

そう言われて、きょとんとしてしまいました。

たしかに、そうだ。彼女の言っていることは、間違ってはいない。

でも、そんなこと聞かれたこともなかったし、夏休み中に子どもがいなくても、学校に行くのが当たり前になっていたし・・・。

彼女だけでなく、ドイツで働く若いカップルさんも、日本人の休みの少なさに驚いていたっけ。

ふ~む、やっぱり日本人の働き方って、世界から見ると、「ハテナ」なんだな、と思った瞬間でした。

フルで働くのはナンセンス!!オランダ人の驚きの働き方

私たちの元同僚がオランダで教員をしているのですが、彼女から聞く、オランダ流の働き方が、これまた衝撃的!!

なんと、オランダの教員はフルでは働かない、というのです。教員だけでなく、サラリーマンも、薬剤師さんも、み~んな、みんな。

フルで働かない・・・って、どういうこと?

詳しく聞いてみると、正社員だとしても、週5日も働く人は極端に少ないのだとか。週3日や、週4日が普通の働き方だとか。

それだけでなく、3時間で授業が終われば、そのまま家に帰っていいらしいのです。

へっ!!そんなのアリ!??日本なら、あり得ないよ~~~!!

でも、これがオランダ人の考える働き方。

プライベートな時間は、家族で過ごしたり、友人と過ごしたり。

私の友人のように、自分磨きのために、社交ダンスを習ったり、健康のためにホットヨガをしたり。

なんだか、日本の「当たり前」とは、かけ離れすぎていて、ただただ、びっくりしちゃうでしょ?

日本人の働き方に欠けているモノって・・・

もうひとつオランダから。

オランダの学校の担任は、年度途中で替わることも少なくないそうです。

日本だったら、担任が替わるなんて、「子どもが不安定になる!かわいそうだ!」などと言われがちですが、オランダは、子どものことは二の次。

管理職は、職員ひとりずつと話し合いの時間を頻繁に持ち、困ってることはないか、負担になっていることはないかと確かめ、勤務時間をしっかり管理しているそうです。

先生の負担を均一にする政策が、しっかりとできあがっている、というわけ。ひとりひとりの比重を確かめ、偏りがないか、国レベルで、しっかりと管理する。これが、オランダの働き方。

大人の「時間的、精神的ゆとり」を第一に考えている、とも言えますね。

たしかに、学校でも家庭でも、大人に余裕がなければ、子どもと良い関係は生まれないし、子どもに対して良い影響も生まれない。それは、私も子どもと接する上で、痛いほど体験済み・・・。

これは、他の職業にも言えること。

カラダやココロの余裕がなければ、良い仕事はできない。

例えば、「イライラが、接客の態度につい出てしまった」とか、「切羽詰まっているときに限って、芋づる式に問題が発生する」とか、「疲れているときに、小さなミスをしてしまう」とか。

あなたも、そんな経験ありませんか。

どれもこれも、「カラダやココロにゆとりが足りてないよ~」というメッセージ。でも、そこで、がんばってしまうのが、良くも悪くも、日本人。

仕事ありき、の考え方ですよね。

それに比べて、オランドの働き方は、どちらかというと、それぞれのプライベートを重視した働き方、とでも言うのかな。

仕事一筋にならず、プライベートも大事にし、しっかりと楽しむ。そんな考え方。

日本の枠組みの中にいるだけじゃあ、知り得なかった「目からウロコ」の働き方です。

インド人同僚の言う「プロフェッショナル」って・・・

では、今一度、インド人同僚の名台詞「定時に帰ること=プロフェッショナルだ!」について、ふと、考える。

もしかしたら、彼の考えるプロフェッショナルって、「時間内に仕事を終わらせる」ということだったのかな~、と。

もちろん、時間内に終わらない仕事だって、あったとは思います。
それを彼がどうしていたのかっ!?それは、定かではアリマセン・・・。

それでも、「定時に帰る」「プライベートの時間を守る」という、ひとつの信念を持っていた彼に、私はかっこよさを感じますし、当時、彼の信念を否定することしかできなかった自分を、恥ずかしく思います。

日本では、働くことが美徳とされてきました。

たしかに、一生懸命に働くことは素晴らしいことだし、日本人の勤勉さが、戦後の日本を支えてきたと言えます。

けれども、プライベートを犠牲にし、自分のカラダやココロを無視してまで働くのは、やっぱり行き過ぎだと思うのです。

「仕事だけが人生」ではないのだから。

「終わらなくても、ま、いっか」と、言えるくらいのココロの余裕を持つのも、決して悪くない。

小さな「ワク」を取っ払って、初めて、見えてくるモノ

自分の殻を破る人のイラスト

日本を飛び出して、はじめて分かったこと。

それは、日本の「当たり前」は、世界の「ハテナ」になり得るってこと。

私たちの周囲で起こっている「当たり前」は、とっても小さいワクでのハナシ。

国が違えば、業界が違えば、収入が違えば、家庭が違えば…、きっとみんな違うんじゃない?

そんな小さいワクなら、さっさと取っ払っちゃってもいいんじゃないかなぁ、って改めて思うあそび隊なのです。

仕事だけが全てじゃない!

人生を豊かにしてくれるモノが、ほかにもあるのだから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊いち押しの2018年カレンダーはいかがですか?

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]