Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

オランダの病院は薬を処方しない!?健康診断もナシ!?病院に頼らず「今を楽しむ」という考え方

calendar

日本では当たり前の「健康診断」。

小さい子も会社員もお年寄りも、年に1度くらいは受けているのでは…?

何事も、早期発見!主義のニッポン。

うん、たしかに場合によっては、早期発見は大事かもしれない。

「気づいた時には手遅れ…となりたくない」とか、

「できるだけ長生きしたい」とか。

そういう考えのもとでは、やはり早期発見が大事になってくるんだと思います。

でも、今回は、別の考え方をする人たちも世界には、いる!というお話。

自分とは全くちがうモノの見方。日本の「当たり前」が「当たり前じゃない」世界。

肩肘張らず、「こんな風に考える人たちもいるんだなぁ」と、

気軽に楽しんでもらえれば、と思います。

※あそび隊の友人の証言をもとに書いておりますが、全てのオランダ人にあてはまる話ではありません。あくまでも、「そんな考え方が…」と、ゆる~く捉えてくださいね。

スポンサーリンク

オランダの病院は薬を処方しない!?

オランダに住む友人と、久しぶりにスカイプをしたときのこと。

仕事の話をしたり、趣味の話をしたり。

そのうちに、健康の話題になりました。

彼女は、がまんせず、何でもすぐに行動に移すタイプ。

それは、体についても言えるコト。

体調がすぐれなかったり、気になることがあったりすると、

まめに病院に通います。

そんな病院の申し子的存在である彼女から、気になる発言が!

オランダの病院って、薬を出してくれないんだよね…
オランダの病院って、薬を出してくれないんだよね…
オランダの病院って、薬を出してくれないんだよね…
………………

えええっ?薬を処方しない!??

それってまさか!!!!!

あそび隊はアンチくすり派なので、そういう話を聞くと、ワクワクしちゃいます。

オランダの病院が薬を処方しないワケ

オランダの病院がなぜ薬を処方しないのか。

それは、な、な、な、なんと!

『まずは、自分の力で治しましょうという方針だから~~~。

おおおお!!!想像した通り!!あそび隊好みの答えです(笑)

「自分の力」、つまり、自然治癒力

スゴイ!スゴイ!
そんな国もあるんだ~っ!
スバラシイ!!!!!

対処療法がメジャーな日本では、
自然治癒力をメインにする病院を探す方が、難しい。

東洋医学や中医学専門の病院や、漢方薬局くらいかな…。

だから、自然治癒力を全面に押しているオランダの病院の話が、

ものすごく新鮮で興味深かったのです。

もちろん、全ての病院がそういう方針なわけではアリマセン。

でも、友人がお世話になった、いくつかの病院は少なくともそうだったようです。

そういえば、あそび隊新人の留学先であるアメリカだって、
そう簡単に薬は出してくれなかったな。

抗生剤となれば、なおさら!ね。

そう考えると、日本はクスリ大国…。

「とりあえず、お薬出しておくので、様子みてみましょう」

が、常套文句ですからね。

クスリが病気を治していてくれるわけではないのにな。
病気が治るのは、結局のところ、人間本来の力(自然治癒力)なのにな。

と、カラダ本来の力を全面的に信じているあそび隊は、少し悲しくなるわけです。

人間のカラダはもっともっとできる子なのに…とね。

まあ、日本の場合は、国民健康保険制度の恩恵を受け、

さらに「病院通い」「クスリ大国」が進んでしまうんですけどね。

クスリに頼らないオランダ人のカラダの整え方

病院に行っても、

クスリに頼らず、自分の力で治しましょう!

と、促されるオランダ人。

じゃあ一体、どうやって治すんだろう??

友人に聞いてみると、

オランダの人は、カラダの不調が感じられると、すぐに仕事を休む!!!!

これが一般的な感じらしいです。
ものすごく初歩的!シンプル!でも、理にかなってる~!!

不調を感じたら、とにかく、カラダを休める。

これがやっぱり、基本ですからね。

いやいや、そんな簡単に休んだら、会社が困るでしょうよ?

うんうん、確かに、日本の場合はそうですね。

あそび隊もそう簡単に仕事は休みませんでした。

だって、周りに迷惑かけちゃいますから。

でも、オランダでは、

誰かが休んだら、誰かがカバーする!

という意識がしっかりと根付いているようです。

さすが、プライベートを重視するオランダ。
お互いさま、というわけか~。

それに、会社の体制もしっかり整っているので、誰も文句は言わないらしい。

そう考えると、みんながいつでも120%の力で働く日本人は、誰かが休むと、、、

「まじかっ、勘弁してよ〜っ。自分のことで手一杯なのに…。」

…なんて、ココロの狭いことをついつい言ってしまいがち。

日本の社会で「カラダを優先させる」のは、正直なところ、まだまだ難しいかもしれません。

社会の雰囲気がそうさせている、ということもあるし、
働き手の、自分のカラダを優先させる「意識」も、低い…。

でも、あそび隊は声をにして言いたいんです!!

仕事だって、育児だって、恋愛だって、趣味だって、
カラダが健康じゃないとなーんもできん
がんばれないし、楽しめない!!

頭痛、発熱、腹痛などの症状を通して、
せっかくカラダが異常を教えてくれているのに、

それを無理やりクスリでごまかして頑張るのは、やっぱり不自然
それなら、「体調が悪いんで!」と、潔く仕事を休む方が健全だ!

とね。

やっぱり、もっともっと自分のカラダのコト、大切にしてあげないとっ!!

あそび隊の、カラダとココロの整え方に興味がある方は、こちらの「~ココロとカラダ~SORAMARU コンディショニング」へ。

※体調不良のせいにして、何でもかんでも休むのは違いマスよ~。

オランダには健康診断がナイ?

オランダの病院は、むやみやたらにクスリを処方しない上に、

健康診断というものも、あまりないらしい。

だから友人は日本に帰国する度に、必ず日本で受けるそうです。

なぜオランダには健康診断がナイのか?

それはね、、、

病気が発覚したらショックで、
人生楽しめないでしょ?

という考えがベースにあるから~~~。

ほえ〜っっっ!なるほどっ!面白い!

いや~、世界は広いな~。
そんな風に考える人がいるとは思わなんだ。
ほんと、いろいろな考え方があるもんだ。

「今を精一杯生きる」ことに焦点を当てる。

人生を思いきり楽しむことに費やす。

健康診断で何か不調が見つかって、心配したり、ビクビクしたりするよりも、
楽しめるときは楽しんでしまえ~!知らぬが仏じゃ~っ!

って、、、かなりポジティブな考え方じゃね??

こういうモノの見方、あそび隊はスキです。

確かに人生はいつ終わるか分からないですし、平等に終わりは来るわけで。

そう考えると、病気になるかもしれないから…と不安を抱えているよりも、

カラダが動かせるうちは、

「今を楽しく生きる」ことに専念する!というのも、

ひとつの尊重すべき考え方なんじゃないかな。

国が違えば、医療のあり方もちがう!

早期発見に尽力し、健康診断や人間ドックを推奨する考え方。

「今を楽しむ」ということに重点を置き、カラダの異変が来るまでは、

病院に頼らない考え方。

国が違うと、医療の在り方もこんなに違う。

どちらが正しい!ということではなくて、いろいろな考え方があるってこと。

正しい答えはひとつじゃない!ってこと。

つくづく、世界にはいろいろな考え方があるな、と思います。

きっと、もっともっと、日本とは異なる考え方があるはずです。

医療だって、いろんな考え方や医療方法があって、

自分で選択できる世の中。

やっぱり、できるだけ自分の考えに合うモノを選びたい!

「当たり前」を疑って生きる!

今回は、あそび隊もびっくりした、

オランダ人の医療に関するお話をシェアさせていただきました。

自分とはちがう新しい考え方に出会うと、狭かった視野が一気に広くなる。

自分が属している「社会」の考え方が、全てじゃない。

一番こわいのは、何も知らないままでいるコト。

自分が属する社会の「当たり前」にギモンも持たず、

周りと同じように、意思もなく、なんとなく毎日を生きるコト。

だからこそ、あそび隊は、

私たちが聞いたり、見たり、体験したり、感じたりしたことを、

このブログでお伝えしていきたいな、と思っています。

みなさんの考え方や生き方に、ちょっとした揺さぶりを~♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊の新プロジェクト!

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]