Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

【泊まって検証パート2】マダガスカル、エコノミー~中級クラスのおすすめ宿!アンダバドアカ、イファティー編

calendar

reload

【泊まって検証パート2】マダガスカル、エコノミー~中級クラスのおすすめ宿!アンダバドアカ、イファティー編

私たちが実際に泊まった、マダガスカルのエコノミー~中級クラスのおすすめ宿、アンダバドアカとイファティ編です。【泊まって検証】第1回は、アンタナナリボ、モロンダバ、ミアンダリバゾ編絶賛公開中です!

※ケッペキ症気味の新人目線で、部屋、トイレ、シャワーなどの清潔度合いを基準に選んでおります。価格設定は、Ar 50,000 ~ 130,000 (約1800~4800円)。部屋タイプは、基本ダブルとなっております。

スポンサーリンク

巨大バオバブ群があるアンダバドアカの宿

西海岸の村、アンダバドアカ。真っ青な海が広がる、とてものんびりしたところ。海洋研究施設があるので、海外ボランティアなどの出入りも多く、それゆれ、地元の人の向上心の高さも半端ない村でした。アンダバドアカの海に癒やされる旅日記は、こちらから。

絶景!オーシャンビューの「Coco Beach」

【電話番号】+261 34 14 001 58
【宿泊した日】2016年11月1~3日
【立地】海が目の前、中心地からは徒歩約10分
【値段】Ar 50,000 (約1800円/部屋/泊)

アンダバドアカの宿の画像

スライドショーには JavaScript が必要です。

【この宿の良いところ】
・目の前に広がる、海!海!海!まったり~。
・レストランも、なかなか、雰囲気がある。ご飯もおいしかった~♪

【ちょっと残念なところ】
・なんてったって、塩水シャワー。髪の毛も、顔も、体も、ベッタベタ~。
・ものすごい風が強く、砂が飛んでくる。もっと景色を堪能したかったのに・・・。
・外壁や建て付けは、イマイチ。
・洗面所が少し暗かったかな。でも暗い方が、シミや汚れも目立たないしw

【予約方法】電話予約

ヨーロッパ人に大人気のリゾート地!イファティの宿

マダガスカルのリゾート地、Ifaty イファティ。小さな村なのに、たくさんのヨーロッパ人を見かけます。特に、フランス人。冬のバケーションを利用して、暖かいマダガスカルに長期滞在するようです。

口コミ評価9.5!キレイ、清潔、癒やしの宿「Le Jardin de L’isle」

【住所】Mangily/Ifaty Tulear II BP, 123 Ifaty
【電話番号】+261 34 29 947 84
【宿泊した日】2016年11月4~6日
【立地】海沿い、メインストリートの市場より徒歩20分
【値段】Ar 45,000 (約1700円/部屋/泊)安っ!!

宿から見た海の画像

スライドショーには JavaScript が必要です。

【この宿の良いところ】
・部屋はもちろん、トイレも、洗面台も、清潔感にあふれてる!!
・インテリアがオシャレ。
・中庭がとてもキレイで癒やされる。
・ビーチ直結!パラソルの下、デッキチェアでくつろぐのが最高!
・コスパが最高!!

【ちょっと残念なところ】
・買い出しに行くのが大変・・・。私たちが滞在したときは、とーっても暑かったので、買い物に行くだけで、汗だくでした。
・デッキチェアに座っていると、物売りが話しかけてくる・・・ときもある。

【コメント】
3週間のマダガスカル滞在の中で、いちばん癒やされる宿でした!!オーナーさんは、フランス人のおばちゃん。サバサバしているけれど、とても感じの良い人です。イファティに滞在することがあれば、この宿で決まり!

【予約方法】ネット予約可(Booking.comagoda)「Le Jardin de L’isle」で検索できます。

【泊まって検証】おわりに

2回に渡り、ケッペキ症気味の新人の審査?をクリアできた宿のみを紹介させていただきました。あくまで、マダガスカル基準で。

泊まる部屋によっては、印象も変わり、見方も異なってくるかもしれません。清潔かどうかは、個人の感覚にもよりますしね。

もし、アナタが私たちと同じ宿に泊まり、「いやいや、ここは審査にクリアじゃないでしょ~。どうなってんのよ、新人さん!」と不満に思うことがあったなら、それは、新人よりもケッペキ度が高い、ということだけですので、ご勘弁を~♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊いち押しの2018年カレンダーはいかがですか?

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]