Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

ラノイラ村でイサロ国立公園ハイキング計画?!ワオキツネザルに会いたーい!

calendar

reload

ラノイラ村でイサロ国立公園ハイキング計画?!ワオキツネザルに会いたーい!

マダガスカルの隠れリゾート、イファティは私たちにとって天国でした。

のんびり休養できたおかげで、過酷なドライブ疲れと、汗とホコリの不快指数も急降下。次は映画『マダガスカル』の”キングジュリアン”こと、ワオキツネザルに会いに Isalo National Park イサロ国立公園を目指します。

おおっと、ここからはメナちゃんと真逆の性格の新しいドライバー、ショルさんと出発でーす。

イサロへの地図

スポンサーリンク

Ifaty イファティから Isalo イサロへの道のりは?

Newドライバーのショルさんの4WD車は、新しくてキレイなのです。窓だって自動で開け閉めできるし、日本で乗る車となんら変わりません。

砂ボコリとは無縁の快適な旅の始まりだー。

しかも、イファティからはもう、ずーっと舗装道路。
スイスイですよ〜。30分ほどであっという間に大都市トゥリアーラです。

トゥリアーラのスーパーでちょっとお買い物。マダガスカルの大きなスーパーは入口に警備員さんがいて、厳重チェックです。中にいるのは、小ぎれいな服装のお客さんや、観光客ばかり。

こーんなものを見つけて、ひとりテンションが上がった隊長なのでした。

フランス語版ワンピース画像

フランス語版ワンピース!

トゥリアーラから離れると、やはり何もない世界。

でも、この道はマダガスカルの主要道路であるサザンクロス街道。たまに現れる村でも、海沿いの村のようなボサボサ感はなく、レンガ造りの建物が多い印象。

イサロへ近づいてくると、不思議な岩山がたくさん現れてきた。これがイサロの景色なのか…

車の中から見たイサロの画像
ぶら下がっているクマさんは、関係アリマセンヨ…。

きっちり真面目なドライバー、ショルさんとの旅

ショルさんは、超真面目なタイプ。60歳くらいかな。運転するときは、必ず帽子をかぶり、電話用のイヤホンを耳に入れてからスタートするのだ。英語もかなり通じますが、運転中は無駄なおしゃべりはしません。

そう、ショルさんは、身なりもきちんとしているし、ドライバーという仕事に対する姿勢が素晴らしいのです。

ちなみに、前ドライバーのメナちゃんは、休憩時に川で行水。そのままバスタオル姿で運転…。困っていた知り合いや女の子を助手席に乗せ、旅のお供として話しまくる。バックミュージックはもちろん、ガンガンのマダガスカル音楽。

同じフローレン傘下だけど、こんなにも正反対のドライバーさんなのです。

イサロ国立公園の入口、Ranohiraラノイラの村の様子

私たちが宿泊したのは、イサロ国立公園の南東に位置する小さな村。

昼間は暑くて、歩く気にはならないので、夕方、町探検に動き出すあそび隊。
イサロは、ロンプラによるとマダガスカルで一押しの観光地。国立公園のガイドたちが英語で声をかけてくる。

コンニチハー!って声もちらほら。日本人も結構来るんだね。

私たちはすでに、ツアーを組んでくれたフローレンスがガイドを手配しているので探す必要はないけど、ラノイラには国立公園のガイド事務所もあるから、すぐに見つかります。

今までに見なかったB級グルメを発見!

ゼブ牛の串焼きの画像
この辺りはゼブ牛が有名なのか、ゼブ牛のちーっちゃい串焼きがあちこちに。1本なんと100アリアリ(約3円)!

お次は、揚げバナナ。

揚げバナナの画像
バナナに小麦粉をつけて揚げたもの。これが、意外に絶品!
何度か、お代わりをしちゃった。これも、ひとつ100アリアリ(約3円)です。

前日に、国立公園のガイドのハイキングの打ち合わせ

イサロに到着した日の夕方。手配してあったガイドさんがホテルに来てくれて、事前の打ち合わせをしました。

イサロ国立公園は、800平方km以上ある広大な公園。2時間から1週間単位でのハイキングが可能なのだ。

イサロの岩山画像

灼熱のイサロ国立公園をどのくらい歩きたい?

ハイキング好きの私たちでさえ、「できれば歩きたくない!」って言いそうになる暑さ。こんな暑いのに、本当に歩くの?昼間は無理でしょー?!

幾つかのコースを出してもらい、簡単に行けそうなオススメの2つのコースに決定。

  • Piscine Naturelle…美しい天然のプールまでの1番人気ショートハイク。約3km。
  • Namaza…渓谷、キツネザルが多いナマザキャンプ、2つの深い天然プールなどが楽しめる。約6km。

この2つのコースを組み合わせると、約6〜7時間のハイキング。行きと帰りの駐車場は違うので、ショルさんが送迎。

この暑いのに、そんなに歩けるのか!?と思ったけど、もう言えない…。きっと、たいていの人がこの2つのコースを歩くんだろうな。

イサロ展望台画像

お昼は現地でピクニックランチする?

または持参するか。ピクニックランチは、2人で50000アリアリ(約1500円)。もちろん、持参します。大好きなムカリやミニフランスパンが道端で買えるはず。

ガイドさんも「昼間は暑くて大変だから、朝早くに7時半に出発だよ!」って。
もちろん、そうしましょ。

ってことで、マダガスカルで唯一やり残している、

  • 念願の野生のキングジュリアン(ワオキツネザル)に会う

これを実現するために、灼熱のイサロハイキングが決定したのだ。がんばります!

 

がんばって歩いた当日の様子はこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

12/10〜「旅ものがたり展」やります

旅ものがたり展の画像

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]