Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

灼熱のイサロ国立公園でハイキング!こんなところに観光客に人気の秘境が?

calendar

reload

灼熱のイサロ国立公園でハイキング!こんなところに観光客に人気の秘境が?

Isalo National Parkイサロ国立公園の入口、Ranohiraラノイラ村に宿泊したあそび隊。

前日にガイドとの打ち合わせを済ませ、今日はイサロ国立公園をハイキング〜!

今日歩くコースは、約12km。約6〜7時間の行程です。
駐車場A → Piscine Naturelle→ Namaza camp→ Cascade des Nympes → Namaza camp→ 駐車場B

  • Piscine Naturelle…いちばん人気の美しい天然のプール。
  • Namaza…渓谷にあり、キツネザルが多いナマザキャンプ地
  • Cascade des Nympes…妖精の滝?がある黒と青の天然プール

昼間は灼熱のマダガスカルで、6〜7時間歩くだなんてがんばれるのか!?

でも、イサロはマダガスカルいち押しの観光スポットだし、何より、まだ”キングジュリアン”ことワオキツネザルに会ってないので行くしかないのです!

イサロへの地図

 

スポンサーリンク

ハイキング出発! まずは、Piscine Naturelle天然プールへ

朝、ラノイラの通りでランチ用のパンとムカリを買い、約束の7時半、宿に来てくれたガイドくんと一緒にイサロ国立公園へ向かいます。ショルさんの車で15分ほど。

イサロの入口の画像
公園入口で入場料を払います。

入場料はひとり6万5,000アリアリ(約2160円)。
ガイド料は歩くコースによって違うようで、2万〜11万3,000アリアリ(約670円〜3770円)。

私たちはフローレンのツアーとして事前に18日分まとめて払っているのでわかりませんが、たぶん11万3,000アリアリ(約3770円)のコースだと思います。

詳しい料金は マダガスカル国立公園の公式サイト を参考にしてみてください。フランス語だけど…。

イサロにあった標識の画像
イサロ国立公園は、カラカラの大地とゴツゴツした大きな岩山でできている。南北に約60キロ、東西に約20キロにも及ぶ、広大な国立公園。

ここはもともと、バラ族の聖地。国立公園となった今でも外部の人間が入れない場所もあり、彼らにとってはとても神聖な場所だそうです。

今でも、亡くなったバラ族はイサロの聖地で埋葬され、歩いている途中にも、洞窟の中に石がたくさん詰め込まれた埋葬場所がありました。

イサロのガイドくんは今まで以上に物知りで、英語がお上手。歩きながらバラ族のこと、植物のことなどたくさん教えてくれました。

イサロのナナフシ画像

枝のふりをしている虫「ビビハゾ(ナナフシ)」です

「この木に虫がいるのわかる?」ってガイドくん。
「君たちの言葉でナナフシだよ」って。おー、久しぶりに聞いたね、ナナフシって言葉。
マダガスカル語ではビビハゾっていうらしい。

かわいいバオバブ種の画像
こちらは、バオバブの種類の仲間で、パキポディウム・グラキリスPachypodium rosulatum var. gracilius。
ぽっちゃりしたフォルムがなんとも可愛らしい。

このぽっちゃりしたお腹に、雨季に水を貯めているので、乾季も元気に過ごせるんだって。

調べてみると、日本でも昔から親しまれているそうですよ。黄色い花が咲き、とても可愛いのです。

イサロ頂上からの景色と隊長の画像
岩山に登れる絶景スポット。遠くの方まで見渡せます。

イサロ3組の探検隊の画像3組のグループがこのポイントに集まっていました。
だいたい2〜4人組でガイドと一緒に行動しているようです。

イサロ炎天下を歩く画像朝9時、もうすでに暑い!!

イサロ秘境画像
歩いていると、なんだか人がワーキャー言っている声がします。

わわ、おばちゃんが泳いでる〜!!

ここが天然プールのPiscine Naturelleだ。

いかにも砂漠の中のオアシスって感じで、人間も開放的になるんだねぇ。

ここをプールの方へ降りていくと、そこには…

 

ワオキツネザルだ〜〜!!

ワオキツネザル Ring-tailed Lemur野生のキングジュリアンは日本の動物園で見るよりも、細くてワイルドだ。

ワオキツネザル2匹画像
でも、近寄っても逃げないので、かなり人馴れしているのかな。

そして、砂漠のオアシスは・・・

イサロにある秘境の画像
まさに、”秘境”って言葉がぴったりな感じ。

たくさんの観光客がここで水浴びを楽しんでいました。
30分ほどの休憩なので、あそび隊は欧米人の水浴びを眺めながら木陰で涼むだけ〜。

砂漠の景色から緑いっぱいの Namaza campナマザキャンプへ

木陰で休憩したおかげで、かなり元気になって、再び日差しの中を歩いていく。

ナマザへの標識の画像
時間的にも、日差し的にもこの区間が一番暑い!!
ハイキングと言ってもアップダウンはほとんどなく、楽チンなんだけど、この暑さがね…。

イサロ国立公園ナマザへの道の画像
砂漠のような景色から、だんだんと緑の多い景色へと変化していくのも面白い。ナマザはこの谷の下にあるようだ。

イサロナマザヘの降りていく画像
岩山と緑の中を降りていくこのあたりは、景色がどんどん変化していって、いちばん歩くのが楽しい時間。

ナマザキャンプから滝の天然プールがある、もう1つの秘境へ

谷を下まで降りると川があり、あたりはすっかり緑でいっぱいだ。
そして、ここがナマザキャンプ地。

ワオキツネザルの親子の画像
またまた、ワオキツネザルだ〜。ここナマザには、ワオちゃんがたくさんいて、親子の姿も。

キングジュリアンのジュニアだからJJです。マニアックすぎるか…。アニメ『ペンギンズ』にちょっとだけ出てくるんだけどな。あ、『ペンギンズ』も知らないか…。

おっ、でっかいカメレオンを発見!つかまっている木によって全然色が違う!
あ、種類が違うのかな…?

ここのキャンプをさらに奥へと進んでいきます。

イサロでインディージョーンズの画像
まるでインディージョーンズの冒険!

川に沿って、ずんずん進んでいくと、黒いプールと青いプールのあるCascade des Nympes(妖精の滝)に到着だ。

こんな奥地にたくさんの観光客が!?ってほどの混雑ぶり。あっちこっち人がいっぱいで、着替えるのに隠れることもできません。

ま、見知らぬ人だし。もう2度と会わないし。って感じで、みなさん生着替えでした。

奥にある黒いプールは、人がたくさん泳いでいて気持ち良さそう。汗だくで何時間も歩いた後ですからね。

で、いざ、入ってみたらメ〜〜〜ッチャ冷たい!そんなに長くは入ってられません。

青いプール画像

隣にある青いプール

手前にある青いプールは、小さいけど水が澄んでいて、これまた気持ち良さそう。こちらの温度は、さっきよりちょっと高いのか、気持ちよく入っていられました。

ここの黒と青のプールの傍で、持参したパンを食べながら、しばし休憩〜。
暑い中、何時間も歩いたけど、ここでの休憩ですっかり復活できた。

ナマザキャンプまで戻ると、さっきまで泳いでいた観光客がみんなピクニックランチ中。

今度はチャイロキツネザルがいっぱいいるぞ。

至近距離のチャイロキツネザルの画像
かわいい親子にも遭遇できた。

チャイロキツネザルの親子の画像
可愛い姿にみんなランチそっちのけ。カメラを持って追いかけていました。

ナマザキャンプから ゴール地点の駐車場へ

緑いっぱいのナマザキャンプを離れると、またイサロのカッコイイ岩山が見えてくる。駐車場までは1kmほどで、もうすぐ近くだ。

イサロの岩山画像出発してから約6時間半。3時ごろ、ショルさんの待つ駐車場に到着しました。

イサロのゴール地点の画像

マダガスカルへ来た2つ目の理由だった、野生ワオキツネザルに会うことができた。予想もしていなかった秘境リゾートも満喫できたし、なかなか楽しかったイサロハイキング。

ホテルへ帰った後、レストランでいただいた冷たい飲み物がとーってもおいしかったこと。もう、グビグビです。

昼間歩くのは暑いけど、マダガスカルへ来たならおすすめのハイキングですよ。ぜひ、ぜひ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊いち押しの2018年カレンダーはいかがですか?

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]