Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

アンタナナリボ発、タクシーブルースでバオバブ街道のあるモロンダバへ行くぞ!

calendar

reload

アンタナナリボ発、タクシーブルースでバオバブ街道のあるモロンダバへ行くぞ!

マダガスカルに来たら、まずバオバブ街道へ行きたい!
バオバブ街道はマダガスカル島の西海岸、モロンダバという町の近くにあります。

モロンダバへはどうやって行くのかな??

行き方は2つ。
首都アンタナナリボからタクシーブルースというミニバスで12〜18時間。または、飛行機でびゅーん。
前者は40000アリアリ(1500円前後)、後者は832,000アリアリ(3万円前後)…

はい、タクシーブルースしかないですね。

スポンサーリンク

タクシーブルースで、モロンダバへ行こう!

モロンダバへの地図

マダカスカルは、アフリカいち悪路とも言われていて、どうしても移動は長時間になる。
それにともなうトイレ問題が、今回いちばんの心配ごとだった。

マダガスカルの面積は日本の1.6倍。そこまで大きな島ではないけれど、なんてったって、その島をつないでいるのが、穴ぼこだらけの道…。

モロンダバへ向かうボコボコの道

一応、舗装はされているけれど、こんな感じであちこち舗装がダメになっているのだ。

がんばれ!マダガスカル〜!

ブログリサーチによると、皆さん、タクシーブルース乗り場での死闘とも言える駆け引きや交渉、そして、ぎゅうぎゅう詰めの車内に、野トイレ…。

ワクワクする内容は全く出てこない。かなりビクビクしていた遊び隊。

オススメのタクシーブルースは、Cotisse

ギリギリまでリサーチし、かなりナイスなタクシーブルース会社を見つけた!
その名は、「Cotisse」!(読み方がよくわからない。たぶんコーティスィ…)

モロンダバまでは、45000アリアリ(約1500円)。
他のタクシーブルースの相場40000アリアリよりちょっと高いだけだし。

宿のお姉さんが言うには、
「日本人といえば、みんなCotisseを使ってモロンダバへ行って、バオバブを見に行くのよ〜」

えっ、そうなの??
そんなに有名な会社なのに、全然ヒットしなかったな…

予約客のみが乗車でき、しっかり時間通りに出発するという、それだけですばらしい会社。
車の状態も良く、朝早く出発するので、夜にはモロンダバに着くのです!所要時間は約12時間。

たいていのモロンダバ行きは、午後出発して、翌日の朝に到着の夜便。
でも私たちが乗るCotisseは昼便なのです。

予約のため、前日にアンタナナリボの町はずれにあるバスターミナルへ、ドキドキの大冒険。

活気がある、ごちゃごちゃした中心部もちょっと怖いけど、さびれた商店街を歩く時は、半年の旅でトップ3に入るくらいの怖さ。警戒度マックスでキョロキョロしまくりでした。

途中、ガソリンスタンドのおじさんに、つたないフランス語で教えてもらい、なんとか歩いてCotisse会社まで行き、予約完了。がんばった〜〜!

当日。宿からバスターミナルへはタクシーで移動。

マダガスカルの朝は早く、6時でもうバスターミナルは大にぎわい。

早朝のタナのバスターミナル私たちを乗せたタクシーに、他のタクシーブルース会社の客引き兄さんたちが猛ダッシュで近づいてくる。

タクシーはのろのろと進み、運転手さんは「Cotisse、Cotisse…。(意味:Cotisseで予約済みだよー)」と言い続けてました。

こわいこわい。歩いてなくて本当に良かった。

集合すると、ナイスな会社では、乗客の荷物にテープで名前をつけ、車の屋根にまとめて積んでいきます。お客さんはほとんどマダガスカル人だけど、なんとなくナイスな身なりをしている人が多い。で、みなさん、結構な大荷物。

タクシーブルースの車窓から 〜驚きのコメ文化〜

マダガスカルでは珍しい、時間通りの7時に出発です!

タナの朝の渋滞首都アンタナナリボの朝は、かなりのラッシュ。お巡りさんが交通整理をしていました。

渋滞を抜けると、こんな田園風景。

タナ周辺の田植えの様子並んで田植えをしている姿は、昔の日本のよう。きっと…

牛で田んぼのシロカキ牛さんを使ったしろかきもまるで昔の日本。たぶん…

隊長の知っているアフリカの姿とは全く違う景色に大興奮。
田んぼがあるなんて!!ナンテコッタ!

行ったことないけど、きっとベトナムとかタイとかの東南アジアに近い風景。

のどかな田園風景
こちらはたぶん、畑。前半はこんな景色が広がっています。

休憩とトイレ問題!?

12時間の道中、3回ほど休憩がありました。

タクシーブルース朝の休憩午前9時。1回目の休憩。朝早かったため、ここで朝食をとるようだ。

と、同時に、この屋台の左手前のほうでノシッコタイムです。

結構きちっとした身なりのおばさまたちも、何の躊躇もなくお尻を出しているじゃないですか。

こんなに人がたくさんいるところでのノシッコは初めてだけど(あたりまえです)、
お尻が並ぶ光景に、隊長も心のブレーキが外れ、お尻の群れに参加してみることに。

1回ノシッコしておけば、もうトイレ問題なんて怖くないし〜。

トイレ問題を恐れて、前日の夜から水分はとらない、朝も何も食べない、なんてことをしなくてもいいし〜。

朝は肌寒かった車内も、昼にはすっかり暑くなり、さすがに水を飲まずにはいられない。

12時半。2回目の休憩はランチでした!
ナイスな会社だけあって、寄ったのもなかなかこぎれいなレストランだ。

まあまあなトイレもあるし。

マラガシーランチこれぞ、マラガシー(マダガスカル風)って感じの定食です。

ご飯は、お皿いっぱいで、5000アリアリ(約165円)。
1人前を二人でシェアして十分な量でした。

タクシーブルースの車窓から 〜町には人がわんさか〜

長い道中、ほとんどは何もない荒野を走っているけど、
いくつかの町を通り、マダガスカルの暮らしぶりを覗けるのも昼間の移動ならでは。

川で洗濯しているところ川では洗濯していたり、行水していたり。
どんなに茶色く濁った川でも、同じように、川岸にはたくさんの人がいる。

前を走るトラックは、きっとその町では貴重な交通手段。ぎゅうぎゅう詰めだ。

ぎゅうぎゅう詰めのトラック村の中心地では、登下校中の子どもたちが道からあふれるように歩いていた。
こんなにたくさん!?ってほど。
学校にも周囲の家にも入りきるのか、不思議なくらいの人数だ。
村の通学タイム

町によって、制服の色が違っているのが面白いね。オレンジだったり、水色だったり、ピンクだったりと。
それに、幼稚園くらいのチビッコと高校生くらいのお兄さん、お姉さんが一緒に登下校している姿もなかなか微笑ましい。
同じ制服を着ていることもあったし。

暑さと蚊の襲撃さえ我慢すれば、なかなか快適な12時間だった。ぎゅうぎゅう詰めにもならず、お尻も痛くならず…。

モロンダバに近づくと薄暗い中、ポツポツとバオバブが見えてきて、二人で大興奮!
「あ、それバオバブじゃない?」
「こっちにも、ある〜!」てな感じで。

夜7時頃、真っ暗なモロンダバに到着です。

マダガスカルに来た誰もが訪れる町だ。たぶん…

さ、明日はバオバブ街道への行き方をリサーチだ!と、夕ご飯代わりのマンゴー食べて、早めに就寝したのでした。

(2016.10.24)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊いち押しの2018年カレンダーはいかがですか?

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]