Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

マダガスカルの海の村でどっぷり交流体験! 〜マダガスカルコーヒーの作り方〜

calendar

reload

マダガスカルの海の村でどっぷり交流体験! 〜マダガスカルコーヒーの作り方〜

モロンダバから南下して4日目。
2日目にバオバブ群を見て、アンダバドアカで2泊し、再び移動します。
ここでまた、面白いバオバブと、楽しい人々に出会うのだ。

イファティへの地図
アンダバドアカAndavadoakaからイファティIfatyまでは、6時間くらいの道のり。細かい日程を全く知らされていない私たちは、毎日、どこを目指して移動しているのかわからない。ドライバーのメナちゃんとあまり言葉が通じないんだ…。

スポンサーリンク

激しい揺れの中、宇宙人とタトゥーバオバブに出会う

出発して10分ほど、遠くに奇妙な形のバオバブを見つけた隊長。
大きな口を開けた宇宙人に見える。
あのぽっちゃりバオバブ群も、宇宙から落ちてきたようだったし…。

あれはなんなんだろう??
ドライバーのメナちゃんもわからないらしく、車を止めて歩いて近づいてみた。

バオバブの宇宙人の画像
ん?なんですか、これは?

さらに近づいてみる。バオバブが縦に割れて、その半分が崩れているようだ。

よく見ると、この宇宙人バオバブの周りだけに水たまりがある。乾燥地帯を好むバオバブだから、水分が多すぎて腐ってしまったのかな?それとも、腐ってしまって、中に溜めていた水分が出ちゃったのか?

原因はわからないけど、このふざけた顔の宇宙人は、寿命を迎えたバオバブだってことはわかった。
ワクワクして見に行ったのに、ちょっと悲しい結果…。

再び車に乗り込み、出発だ。

今日のララナラツィ(悪い道)っぷりは半端なく、まるでディズニーシーのインディージョーンズに乗っているかのようだ!!

1時間くらいの間は、わーわー言いながら激しい揺れに両手、両足でふんばっていた。
後ろに積まれているタイヤが、ゴットンゴットンとジャンプ!
運転中のメナちゃんも思わずハンドルを放して、天井を押さえるほどだ。

この揺れは、ロンプラに書いてあった ”born shaking ぼーん しぇいきんぐ” に違いない。

突然、「あのバオバブを見てごらん」って、メナちゃんが車を止めた。一見、この辺りにある普通のバオバブみたいだけど…。

よーく見ると、模様がある!!!

ババオバブタコワーズの画像
誰かが模様をつけたにしては全体にくまなく描かれている。ってことは、これはまさか、自然にできた!?

メナちゃんに聞くと、「これはナチュラルだ」って。(つまり、自然に描かれた)!!
「バオバブタコワーズ」と呼ばれていて、意味はタトゥーのあるバオバブってことらしい。

タコワーズの画像
あー、タトゥーかぁ!。
カーッコイイ〜〜〜!!

こーんな模様が自然に描かれるなんて、バオバブを作った宇宙の神様に感服ですよ。
この後も、うっすらと模様があるバオバブになんども出会いました。

Tsiandambaツィアンダンバで、海の恵みをいただきます

本日のぼーんしぇいきんぐのエリアを乗り越え、出発から5時間ほど。

ツィアンダンバの村の画像
簡素な建物が並ぶ、海沿いの村をいくつも通り過ぎる。台風が来たらすぐに飛ばされそうな家ばかりだ。

お昼時、小さな村、Tsiandambaツィアンダンバに到着。

簡素なコテージの画像
小さな村の岬に塀で囲まれた一角があり、そこにレストランと簡素なコテージが並ぶ。景色も、のんびり具合も申し分ない。

湾を見下ろす画像
ちょっと高台に位置しているので、近くの湾がよーく見え、海で遊んでいる子どもたちも見える。
ほーんとにのどかで、気持ちいいところだ!

シーフードがおすすめのレストランで、まずはランチです。

ツィアンダンバでランチの画像
その日に海で採れた「魚とカラマリ、ロブスターのどれがいい??」
それと、「ご飯とポテトどっちがいい??」ってことで、別々のものを頼んでみたら…

こんな大量のランチに!!
そもそも魚がデッカいのだ。カラマリは小さいけど(笑)。

マダガスカルに来て、暑さと下痢ですっかり小食になっていた私たちには、当然食べきれず…。

海の恵みをおいしくいただいた後、コテージで休憩〜。

今日はここにお泊まりだって。えっっ!!ココですか…?

ツィアンダンバの宿の画像
ずいぶんと簡素すぎやしませんか?壁の隙間から、お外が見えますけど…。

窓にはガラスも、シャワーももちろんありません。電球は1つだけありました。

ま、寝るだけだし、Mr.コックローチは今の所いなそうだし。きっと大丈夫さ〜。って強がってみる。

海で自由に走り回って遊ぶ子どもたち

部屋のことは忘れ、午後は海岸沿いを歩いてみよー!

海で遊ぶこどもの画像1
漁師たちはピローグで海へ、子どもたちは浅瀬で遊んでいる。みーんな、裸んぼで走り回ってる。

私たちが座って休んでいると、遊んでいた男の子たちがだんだんと近づいてきた。写真を撮ると、嬉しそうに、どんどん調子に乗ってしまう子どもたち。

突然、いちばん小さい子が思いついたかのように、砂浜に寝転がり、真っ白になって海に走っていく。それを真似して全員が真っ白に。なんどもなんども繰り返す彼ら。大爆笑の私たち!!

そのうちに、すぐ目の前でおしりダンスまで披露してくれた。

みんな、姿勢がすっごくよくて、引き締まっている。当たり前だけど、肥満の子どもは1人もいない。
そのうちに、漁師さん(大人の男)たちが漁から帰ってきた。みなさん、ムッキムキの体!

元体育教師の隊長は、マダガスカル人の体つきと姿勢の良さにずーっと感動していた。
これだけ走り回れば、子どもだって自然に引き締まったイイカラダになるよね〜。
これが本来の人間の姿だよね〜って。

しかし、昼間は暑いマダガスカル。レストランの日陰で休憩だ。
ここの若女将のアンジーと、軽〜いノリの観光ドライバーのにいちゃんと、お話タイム。

途中から、マダガスカル語講座になったけど、観光ドライバーの彼は日本語を学びたいってことで、マダガスカル語←→日本語をジェスチャーを交えて教えあうことに。お互いにメモしまくる。

マダガスカル語交流画像
なかなか日本語の発音ができないドライバーのにいちゃん。アンジーさんの日本語もかわいい。
この午後の講座のおかげで、かなりお互いのコミュニケーションが楽になりました。

夕日とピローグの画像
夕日を見に、もう1度海へ。癒される景色だぁ。

マダガスカルコーヒーの作り方を教えてもらう

戻ってみると、コーヒーのイイ香りが〜。

よく見たら、炭火の上でコーヒー豆を焙煎中!!
マダガスカルのコーヒーのうまさに、日々感動していたあそび隊。
どうやってあの美味しさが生まれるのか、興味津々です。

作業をしていた女の子とおばちゃんに教えてもらい、一緒にやってみた。

①真っ黒になるまで鍋の上で混ぜながら炒る。
②砂糖をたっぷり混ぜて、さらにかき混ぜながら炒る。白い煙が出るほど炒る。
③冷ます
④木でできたウスのようなものにコーヒー豆を入れ、長い棒でトントン叩いて粉にする。
⑤布の袋に入れて、鍋に入れて煮出す。

残念ながら煮出すシーンは朝イチなので実際には見学できず。後で聞きました。

飲むときに、コンデンスミルクを入れるのがマダガスカル流なのです。

豪華な朝食タイムの画像

マダガスカル流コーヒーとムカリの朝食

日本へ帰ったら、マダガスカルコーヒーのカフェでも始めるかな〜。

観光というよりも、現地の人との交流体験ツアーに

その夜。語学交流したにいちゃんが、車から音楽を流し出した。すると、その音楽に合わせて子どもたちが踊りだす。

ここで働くおばちゃんの子どもたちと、近所に住んでいる子どもたちが集まり、ひとクラス分くらいいるぞ。

有名なダンス曲らしく、同じ曲を何度もかけては、みんな絶妙に腰を振る。大人たちはゲーラゲラ笑って見ている。

すると、アンジーさんが「踊ろうよ」って。断りきれずに新人も一緒に腰を振り、おばちゃんたちも他のお客さんも大笑い。暗すぎて写真が撮れなかったのが残念…。

交流ボランティアに、少々お疲れ気味のあそび隊です。

翌朝。
日課になってきた5時半の朝日を眺めてから、海辺をお散歩。

カラフルなピローグが並ぶ画像
この村のピローグは、カラフルでとても可愛らしい。
海から帰ってくる船が、待っている家族からもわかるようにデザインが違うらしいですよ。

ピローグの準備をする女性たちの画像
漁師たちの妻と思われる女性たちが、せっせとピローグの準備。夫婦で海まで運んでいました。

宿で朝食をとってから、アンジーさんたちともさよならです。

コーヒーやムカリ(小さなパンケーキみたいな食べ物)の作り方を教えてもらったり、家族の写真を見せたり。かなり仲良しになりました。

ツィアンダンバでたくさんの現地の人と触れ合い、マダガスカル語も上達した私たち。一緒に過ごしてくれたみなさんに本当に感謝です。

グーグルマップにもかなーり小さくしか載っていない小さな村。のんびりできるけど、1泊で十分。とにかく、早くシャワーが浴びたいあそび隊なのでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]