Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

9月の夜空で出会う!ロヴァニエミ、奇跡のオーロラハンティング! in フィンランド(前編)

calendar

reload

9月の夜空で出会う!ロヴァニエミ、奇跡のオーロラハンティング! in フィンランド(前編)

オーロラ観測のために訪れた、9月上旬のフィンランド。実は、オーロラ観測の時期には、ちょっと早い…。

それでも、きっと見られる!と信じてやまない、楽観的なあそび隊。オーロラハンティングの始まりです!!

【滞在場所】ロヴァニエミ(ラップランド地方、北極圏の入口の町)
【滞在期間】2016年9月1日~7日(6泊7日)
【観測場所】博物館裏の公園 Arktikum’s Park、オーナスバーラの丘 Ounasvaara
【観測時間】夜10時半ごろ~深夜1時ごろ
※北へ行けば行くほど、オーロラ遭遇率は高くなるので、場合によっては更に北上予定。宿もその都度、考えながらとることに。

スポンサーリンク

ロヴァニエミでのオーロラ観測、ベストスポットは?

私たちが、オーロラ鑑賞する場所として選んだのは2箇所。どちらも良いスポットでした。真っ暗闇の中を歩かねばならない、ということ意外は、ね…。

オーロラ観賞ポイントの地図

その1 博物館の公園 Arktikum’s Park

ロヴァニエミに留学中の、隊長の教え子「おせんべいさん」に、オーロラ観測に適した場所を聞いて真っ先にあがったのが、博物館の公園 Arktikum’s Park。

公園の画像

公園の目の前に流れるのは、オウナス川。視界が開けていて、北の空に出やすいと言われるオーロラを一望することができる。

宿からも徒歩10分ほどだったし、楽ちんです。住宅地だから、街灯はポツリ…ポツリ…。群馬の田舎と変わらん暗さだね。あ、けっこー暗いということですよ。

公園内は、ひっそりとしていて、街灯なんて一つもない…。フン、真っ暗闇を歩くなんて、訳ないさ…う゛う゛

その2 オーナスバーラの丘 Ounasvaara

こちらも、定番中の定番スポット。ロヴァニエミの中心部からは、ローカルバスで20分ほど。でもバスの便数が少なく、時刻表もあまり当てにならず、たどり着くのになかなか苦労しました。場合によっては、歩いた方が早いかも。15キロの荷物を背負って歩いても、1時間くらいの道のりでした。

スキー場だけあって、とても見晴らしの良いこの丘。

オーナスバーラの画像

てっぺんまでは、徒歩でおよそ15分。

私たちは麓にあるホテルに宿泊したので、オーロラ観賞のために、真っ暗な丘をひたすら登る…。よい運動です。

ちなみに、頂上にも、ホテル Lapland Hotel Sky Ounasaara があります。宿泊客は、ホテルの屋上からオーロラを眺められるとか。宿泊料金は、約1万5千円(1泊/2名/朝食込)。

このホテルから、さらに東に100mほど歩いたところにある、ちょっとした広場が、地元の写真家さんのオススメスポットのようです。

オーナスバーラでのオーロラ観測については、「9月の夜空で出会う!ロヴァニエミ、奇跡のオーロラハンティング!in フィンランド(後編)」をご覧ください。

宇宙のエネルギーに遭遇!!オーロラ観測日記 in ロヴァニエミ

【1日目:2016年9月1日】どきどきの初日!恐怖のオーロラとご対面

ロヴァニエミに到着した1日目。街をぶらぶらと散策し、暗くなるまで休憩しようと宿に戻ると、オーナーさんが「今日はオーロラが出そうよ。予報が出てるわ。」と、わざわざ教えに来てくれた。

おおっ!初日から、見られそうだぞ!!

夜10時半頃、だいぶ暗くなってきて、初めてのオーロラハンティングに出発!!

宿から徒歩10分ほどにある、博物館裏の公園を目指して歩いていると、何やら北の空にうっすら緑色のものが。

ん??あれナンダ??まさか、オーロラ??

期待感いっぱいで空を見ながら歩いていくと、まだ博物館にも辿りつかない、街灯が明るい道っぱたで、

真上の空が急に光り出し……、

ウネウネとしたものがうごめいている!!!

 

うわっっうわっっうわ~~~~~っっっ!!!

なんじゃこりゃ~~~!? す、す、すい込まれるぅぅぅぅぅ~~~!!

怖い怖い怖い…………

 

頭上で起きる、摩訶不思議な現象がこわ過ぎて、お互いにしがみつく。

あまりにも未知なものに遭遇したので、初めてのオーロラは、「キレ~イ」とか「神秘的~」とかではなく、とにかく「怖い」。本当に、異世界への入口かと思った…。

心臓をバクバクさせながら、教えてもらった観測場所へと足早に歩く。公園近くは街灯も少なく、真っ暗。おせんべいさんの言葉が頭をよぎる。

「この辺りは治安はいいので、人は怖くないのですが、動物がね…怖いですよ。」と。

オーロラも怖いけど、暗い道も怖いビビリな隊長。びくびくしながら、ときには、意味不明な大声を出しながら歩きます。たぶん、周りの人からしたら、その声の方が怖い。

なんとか観測場所へ着くと、すでにオーロラ目当ての人が集結。

さっきほどの光の強いオーロラは出ていないけれど、北のほうには緑色のカーテンが、長い時間見えていました。

オーロラ画像1

真上ではないし、そこまで光も強くないので、あまり怖さは感じない。

不思議なのは、肉眼ではっきり見えていないときでも、カメラで長時間撮影するとオーロラが写っていること。目に見えないエネルギーって存在するんだ!ってことを、感じざるを得ませんでした。

暗いってだけで、神経張り詰めてドキドキしているのに、こんなに未知の、わけわかんないモノが、これでもか!ってほど、見えるなんて。

オーロラ画像2

そういえば、テレビやケータイの電波、wifiだって、目に見えないし。

人間の目に見えるものなんて、微々たるモノで、実はいろんなものが存在しているのかなぁって、宇宙のエネルギーを肌でビリビリと感じる時間でアリマシタ。

いつ、また、すごいのが出るかと思うと、なかなか帰るのが難しい。しかし、長い時間いると、かなり寒くなってくるので、ジャンプしたり、その場で駆け足したり。

夜中の12時半くらいで、寒さが限界になってきたので、おとなしく退散。帰ってからも興奮冷めやらぬって感じで、なかなか眠れなかったな~。

【2日目:2016年9月2日】まさかの2連チャン!?

雲が広がるけれど、オーロラ自体は出そうな予報。で、また、夜10時半頃同じ場所へ向かいます。2回目でもまだ暗い道には慣れません。こわごわ博物館への道を歩きます。

何度か強い光も現れ、2日連続で見られることに大興奮!!

途中からやはり雲が多くなってしまい、昨日ほどスッキリは見えなかったけどね。カメラにもあまり収められず。それでも、2日連続で見られたのは、ラッキーだ!

【3日目:2016年9月3日】

ロヴァニエミでも結構オーロラが見えるということがわかり、北上しないことに決定。交通費も高いしね。最初の宿からたった200m先にある、別のB&Bへ移動です。

この辺りは、街へも博物館へも近く、何よりも緑いっぱいでとっても静か。

住宅地の公園画像

近くにある小さな公園で、ぼけーっとするだけで、癒やされる。

今日の夜も、空はかなりいい予報。天気もいいし、オーロラの活動も活発らしいよ。おいおい、まさかの3連チャンか!?

夜10時半過ぎ、着込んで準備していると、オーナーさんが部屋のドアをノック。

「オーロラ出てるわよ!!」って。みんな、とっても親切なのです。慌てて外へ出ると、庭からもすでに見える。今日はすごそうだ!と期待高まる。

おせんべいさんに、今日もオーロラ出てるよ~!とメールをしてから、ウキウキで博物館裏へ向かいます。この道もすっかり通い慣れた道。

今日もたくさんの観測者が来ている。言葉を聞く限り、日本人観光客もチラホラ。真っ暗だから顔は見えませんが。

観測地に来てから1時間も経たない頃、隊長は早くも寒さの限界。今日はやけに寒いね~、と。

おいおい、隊長さんよ、よく見てごらん。あーた、ダウン着ていないじゃないですか…。

あ!!そうか、オーナーさんに呼ばれて、慌てて出ちゃったもんだから、ダウン着るの忘れた!!

…さすが、うっかりの隊長さん。

まだ帰りたくないし、でもこのままじゃ寒過ぎるし…てことで、いったん取りに帰ります。無事、ダウンを着て、観測地に再び到着。

この日は、北の方だけでなく、空全体に大きくカーテンがかかっているようなオーロラが、長い時間姿を現しました。

オーロラ画像3

オーロラ画像4

動きはかなりゆっくりで、虹がかかっているよう。なんだか、儚げで、きれいだな~。

夜中の1時くらいまでねばり、大満足で帰りました。

 

この後も、さらに続くドキドキのオーロラハンティング。後編へどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

12/10〜「旅ものがたり展」やります

旅ものがたり展の画像

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]