Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

オランダの田園風景に会いに行こう!サイクリングツアーがついに決定!

calendar

ヨーロッパいちの自転車大国、オランダ。
ここで楽しむのは、も・ち・ろ・ん、サイクリング!!

夏休みの激混みアムステルダムに、未練はない!
ついに、のんびりサイクリングツアーのはじまりだーっ!

スポンサーリンク

驚異のリサーチ力で、サイクリングツアーついに決定!!

アムステルダムの観光案内所で、自転車ツアーに関する情報が全く得られなかったあそび隊。

宿に戻って、仕方なく、自転車ツアーを自力で調べる…。
空港近くのホテルの窓から、数分おきに飛び立つ飛行機を眺めながら。

こういうとき、ネットのありがたさ、リサーチ力がモノを言います。

もともとやりたかったバイク&ボートは7泊8日のみで、
日程的にも選択肢が少ないし、
隊長は船酔いしやすいし(テンション上がりすぎて忘れていたけど)、

…ということで、断念。

じゃ、どうするか。

一刻も早く、大都会から田舎町に行きたい一心で、
珍しく隊長が真剣にリサーチ。

吟味に吟味を重ね、
オランダの真ん中あたりを走る4泊5日ツアーに決定。

とりあえず、ツアーを開催している Holland Bike Tours にメールを送信。

送ってから、3時間経過…6時間…12時間…。

あ~、だめだっ!待ってられんっ!!
メールを送った翌日の朝、しびれを切らし、隊長自ら電話。
普段であれば、ぜーったいに電話しない、あの隊長がっ!

これは、かなりの本気モードですよ。

向こうの事情も考えず、次の日からツアーを始めたいことを伝える…。
もうね、早くアムステルダムから出たくて、必死なんです(笑)

「ちょっとスケジューリングしてみるね」と言われ、いったん、電話を切ります。

 

ホテルに電話をくれるよう頼んであったので、ロビーでしばらく待機。
そして、30分くらい経って、ついにツアー会社から連絡がっ。

返事はなんと、「おーけー」だって!!!
やった!やった!やったよ~っっっ!!!

翌日からのツアーを勝ち取った隊長。
これで、のんびりサイクリング旅が始められるぞ~っ!

ツアー会社 Holland Bike Tours のみなさん、ありがとーう!!

オランダのサイクリングツアーってこんな感じ

サイクリングツアーと言っても、参加者全員で、一緒に回るわけではありません。

レンタルGPSを使って自力で移動し、
観光しながら、自分たちのペースで回ります。

と言っても、この日の参加者は私たち2人だったけどね。

ツアー会社は、

  • 自転車
  • 5日間のルートが入力されたGPS
  • 自転車の両サイドにつける防水バッグ

を用意してくれて、ルートに合った4泊分の宿を予約してくれます。

ヨーロッパには、こんなスタイルのツアーが結構あります。
日本にもあればいいな~。

サイクリングマップ

Processed with MOLDIV

(赤い旗がスタート、青い星が宿です↑)

小さな町ウールデンWoerdenをスタートし、
自転車の町ハウテンHoutenがゴールです。

途中も小さな町や村に寄り、田舎の風景の中を走るというコースに飛びついたあそび隊。

総距離193キロ、1日に進む距離は25~47キロ。

結構あるね…。新人のおしり、大丈夫かなぁ。

オプションで全ての荷物を毎日次の宿へ運んでもらうこともできます。

今回は、スイスやフランス(シャモニー)の山小屋生活で、少ない荷物だけで連泊することに慣れていたので、荷物は両サイドのバッグだけで十分。

必要最低限のものだけ入れて、
残りの荷物は、ツアー会社に預かってもらうことにしました。

 

いよいよオランダに来た目的、チャリ旅ができるぞ~!ワクワクしてきた~!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊いち押しの2018年カレンダーはいかがですか?

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]