Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

【山好き必見!】あこがれのスイスで山小屋ステイ!(2)絶景のロープホルン小屋大公開!!

calendar

reload

【山好き必見!】あこがれのスイスで山小屋ステイ!(2)絶景のロープホルン小屋大公開!!

ハイカーあこがれの地、スイス。そのスイスで、山小屋に泊まろうと決めたあそび隊。

3時間のきつい登りにも耐え、到着したのが、ここ、ロープホルン小屋。スイス、初めての山小屋ステイ。部屋は?食事は?トイレは??

どきどきの山小屋ステイを大公開!!

■ロープホルン小屋 lobhornhütte
住所:Postfach 2Lauterbrunnen 3822, Switzerland
電話番号:+41 79 656 53 20
宿泊料金:1泊2食付き 相部屋 CHF55だったはず・・・(2016年7月時点)
水道・トイレ:あり
シャワー:なし
オプション:シーツ CHF5

スポンサーリンク

みんなで仲良く川の字で!

ロープホルン小屋の画像
ロープホルン小屋には、母屋と、もうひとつ宿泊専用の小屋があります。

今回お泊まりするのは、母屋とは別の小屋。比較的、新しい建物のようです。

 

ロープホルン小屋別館の画像

手前が宿泊部屋。奥に見えるのはトイレ

室内は、こんな感じでなかなかきれい。

山小屋の中の画像
ここに、長~いおひげのアルムおんじと、大人3人のスイス人家族と私たちの6人が泊まりました。日本の山小屋と同じスタイル。川の字になって、みんな仲良くね。

シーツは、CHF5で借りられます。私たちは、自前のシーツを持参。

 

補足ですが、このシーツ、オススメです。山小屋だけでなく、さまざまな宿で活躍しました。シーツに守られてる感があり、重宝しますよ。これさえあれば、ケッペキのそこのアナタも大丈夫!!

マットレスは、びっくりするぐらい柔らかかった・・・。でもこの日は疲れきっていたし、ぐっすり。

7月初めと言えども、夜はさすがに寒くて、軽フリース、ライトダウンを着て寝床に入りました。ま、途中でものすごく暑くなり、ぜんぶ脱ぎましたけど。暑がりの新人なんて、半袖・短パン・・・。

スイスの山小屋は、密閉感が半端ないです。朝、部屋の中は熱気でむんむん。メガネだって曇っちゃいます。

ちなみに、隣の部屋には、子ども連れの家族がいてバタバタと大はしゃぎ。

下の部屋にもたくさんいて、夕食時はかなり賑わっていました。

トイレの表記が分からない・・・女子トイレは「Jungfrau」?

トイレは、小屋の外にあります。便座付きの、水で流さない、自然派トイレです。日本の一般的な山小屋より、少しキレイかな。ケッペキの新人が入れたので、ま、たいていの人は平気です。

よく見ると、表記が。ひとつは「Eiger(アイガー)」、もうひとつは「Jungfrau(ユングフラウ)」。

ん?山の名前が書いてある・・・これって、もしかして、どっちかが男性用で、どっちかが女性用??
でもどっちが!?まさか、これはスイスの一般常識?スイスあるある??

と、しばし、人が使う様子を観察。

うーーーん、わからん。でも、なんとなーく、男性は「Eiger」、女性は「Jungfrau」を使っている。

ということで、私たちも「Jungfrau」を使うことに。

後で調べてみたところ、「jungfrau」は「乙女」という意味!しかも女性名詞。で、「Eiger」は男性名詞。※ドイツ語やフランス語では、単語が、男性・女性名詞に分けられます。

じゃ、やっぱり私たちの読みは合っていたのかな!?スイスあるある、ムズカシイ・・・。

同じ釜の飯を食う!!

食べるの大好き新人が、山小屋で一番楽しみにしていた時間。それはもちろん、夕飯。何気に、この旅で初めての夕食付きの宿ということで、隊長の胸も高まります。

スイスの山小屋は一体どんな料理が出てくるんだろう。楽しみ、楽しみ!

座る席は、部屋ごとに決まっているようです。アルムおんじ、スイス人家族と一緒にテーブルを囲みます。

そして、食卓に運ばれてきたのは、大きい鍋や皿に盛られた料理。そこから、自分の食べる量だけいただきます。これぞまさに、同じ釜の飯を食う!!ですね。

肝心のメニーは、

  • よく給食で出ていたようなABCスープ(ちょっとしょっぱいけど、このABCパスタがモチモチしていてうまい!)
  • 羊の煮込みカレー、レンズ豆のカレー、ほうれん草のソテー、ご飯
  • カットフルーツ

山小屋の夕ご飯の画像
羊の煮込みカレーは、カレーというよりはスープみたい。香草が効いていて、ちょっとクセのある味。これが結構、後引くお味。

おかわり自由で、おなかいっぱい食べられました。

 

アルムおんじのナイフさばきと食べ方が、本当にハイジのおじいさんのようで、感激。スイス人はナイフの使い方がとても上手。さりげなくて。食文化の違いを感じさせます。

ドイツ語を調べながら、アルムおんじに質問したり、スイス人お兄さんが通訳してくれたりして、暖かくテーブルを囲んで食事ができました。

ちなみにこのお兄さん、北海道に4ヶ月ほど滞在していたらしく、ニセコの雪はスイスよりいいんだと力説。

そりゃ私たちも行かなきゃだ!

おんじもスイス人家族も、暇さえあれば、スイスの山々を歩き、ハイキングを楽しんでいるそうです。あまり、海外には行かないんだって。国内旅行で間に合っちゃうって。

そりゃそうか。山好きにとって、スイスは天国。国内で十分楽しめるもんね。うらやましい環境だ。

初対面なのに、こんな雰囲気を作り出せるのって、いいな~。山小屋ならでは、かな。

みんなの食事が終わる頃、オーナーのアイリーンさんが、ドイツ語で何か言っています。頭の上にハテナマークを乗せる私たちを尻目に、みなさん、ささっとお皿やナイフなどを重ね始める。

おっ!片付けタイムか!!

スイスの山小屋では、食事の後片付けは、テーブル毎に行うようですね。と言っても、使った食器をまとめるだけでしたが。でも、こういうのも、共同生活って感じで、すごくいい。

食後は、自分の部屋に戻ってもいいし、その場に残って、コーヒーやお酒を飲みながら、まったりするのもいい。私たちは、せっかくなので、ちょっと残って、みんなとおしゃべりを楽しみました。

山の朝やけが大好きな日本人

次の日は、5時半起床。

朝日で染まるロープホルンの画像
朝日に照らされ、赤く染まるロープホルン。

雲ひとつない晴天。

 

朝日を浴びたロープホルン小屋の画像
あー、これぞアルプスの朝!!どこからか、ハイジのオープニングが…。

ちなみに、この日、朝焼けを見たのは、私たち2人だけ。他の山小屋でもそうだったけど、あまり欧米の方は朝焼けに興味がないみたい。日本の山小屋なんて、これ見たさにたくさんの人が起きてくるのにね・・・。

山小屋の朝ごはんは、贅沢な時間!

朝ごはんは、テラスで。最高の景色を見ながらの朝食だ。

朝食風景の画像

朝食準備中のアイリーンさん

チーズ、ハム、パン、 ミューズリーなど、スイスの朝食の定番が並ぶ。大好物のナッツ類も置いてある!!自分の好きなものを好きなだけ、いただきます。

パンの画像
このパンがパウンドケーキみたいでサイコーに美味しかったなぁ。ほんと、朝から贅沢すぎる時間だ。

出発のとき、笑顔で挨拶を!

みんな、あっという間に出発の準備。

アルムおんじは、食べかけのパンが入ったビニール袋をぶら下げて、一番に出発。
「グーテライゼ (良い旅を)!」と笑顔で挨拶を交わす。

なんか、ちょっと寂しいな。

私たちも身支度を整え、お世話になった宿のアイリーンさんたちにご挨拶。記念に、一緒に写真撮影。

ロープホルン小屋での記念撮影

ヴルストに気を取られる隊長

かわいい帽子をかぶった水飲み場くんにも、ちゃんとサヨナラしましたよ。

水飲み場の画像
「また来るよー!!」

総評

ロープホルン小屋の魅力は、なんと言っても、展望のすばらしさ!
ユングフラウ三山が一望でき、本当に贅沢な眺めが楽しめます!!

小屋自体は、こぢんまりしていて、とっても素朴。それがまた、ぐっど。オーナーのアイリーンさんは、明るく、気さくな人で、温かく迎えてくれました。ウェルカムドリンクも美味しかった~。

また行きたい、と思える、オススメの山小屋です!!

 

1日目のハイキングの様子はこちら↓

2日目のハイキングの様子はこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊いち押しの2018年カレンダーはいかがですか?

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]