Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

スイス、ハイジの家までハイキング&ハイジ村見学!in マイエンフェルト

calendar

reload

スイス、ハイジの家までハイキング&ハイジ村見学!in マイエンフェルト

イタリアからスイスに入り、サンモリッツ周辺でハイキングした後に私たちが訪れたのは、マイエンフェルトMaienfeld。

アルプスの少女ハイジの舞台となった村です。スイスといえばやっぱり「アルプスの少女ハイジ」でしょう!!

今回のハイキングは、マイエンフェルトの中心部から山の上のハイジの家レストランまで往復するコースです。もちろん、ハイジの歌を口ずさみながら歩きましたよ〜。

  • ハイキングルート:ハイジショップ Heidi Shop ~ ハイジの泉 Heidi Fountain ~ ハイジ村 Heididorf ~ ハイジの家レストラン Heidi Alp hut Restaurant ~ハイジ村 Heididorf ~ ハイジショップ Heidi Shop
  • 日にち:2016年6月28日
  • 所要時間:約6時間45分(休憩時間含む)
  • 距離:16.5km
  • 体力レベル&難易度:ほぼアスファルトだけど、登りは長〜い 初級〜中級

マイエンフェルトへの地図

スポンサーリンク

マイエンフェルトの中心部はとても静か

 

マイエンフェルトの駅は小ぢんまり。静かで、観光地という感じはないですね。

マイエンフェルトの駅の画像
駅からまっすぐ街へ進むと、観光案内所を兼ねたハイジショップHeidi-Shopがある。

外の看板に見所の書かれた地図があったので、これを参考に歩くことにしました。

マイエンフェルトの地図

それでは、街の中へ出発!

マイエンフェルトの水飲み場の画像
この水飲み場は…、5歳のハイジがおじいさんのところへ向かう朝に、飲んでいたような…気がする。

ハイジを感じさせる標識が、町のあちこちに。

ハイジの道案内の画像

ブドウ畑を見ながら、ハイジの泉へ行ってみよう

まずは、ハイジの泉Heidi Fountainというところへ行ってみよう。中心部から北西の方へ歩いていきます。

この辺りはワインの産地として有名で、ブドウ畑が広がります。

マイエンフェルトのブドウ畑の画像

途中から道が細くて不安になりますが、そのままブドウ畑の中を歩いて行くと、

ハイジの泉の画像
ハイジの泉に到着です。

スイスのハイジは、とてもリアルで、あのかわいいハイジとは全然違う…。
右にユキちゃん?がいましたよ。

大きな駐車場もあるので、シーズンには観光バスが来るのかな。

ニャンコにあいさつして、ハイジ村へ行こう

ハイジの泉から、そのままハイジ村 Heididorf へ行こうと思ったのだけど、看板にあった道がわからなくて、民家に迷い込んでしまった…。

あきらめて、街へ戻ってから仕切り直すことに。

街に戻ってくると、ニャンコが待っていました。あ、こんにちは。

上品なニャンコの画像
お邪魔しています。気品漂うニャンコさんですね。

階段を降りてくるニャンコ画像
あ、ニャンコが下りてくる!

この辺りでよく見かけた板は、ニャンコ用の階段だったのか。マイエンフェルトの人はニャンコ思いなんだね。

 

標識のある中心部まで戻ったので、今度はハイジ村を目指して歩いていきます。
ブドウ畑と民家の中を30分ほど歩いていくと、

ハイジ村の画像
見えてきた~! ハイジの家(ハイジヒュッテ)発見!

ハイジ村には日本人観光客がいっぱいだ

歩いている時は、ほとんど誰にも会わなかったのに、ここハイジ村には観光客がいっぱい。ほとんどが日本人ツアー客だ。

日本では、アニメに親しみを感じている人の方が多いと思いますが、もともとはスイス人作家であるヨハンナ・シュピリの児童文学書。日本のみならず、130もの言葉で翻訳され、世界各国に知られています。

世界各国のハイジの本の画像ハイジ村には、3つの建物がありました。

  • ハイジハウス HeidiHaus
  • ハイジヒュッテ Heidi’s Alp hut
  • ショップ&資料館

どこも名前にハイジが付いていて、なんともわかりにくい…。

全部を見学するには、ひとり14.80スイスフランの入場料がかかります。

ハイジハウスは、1890年当時の本物の家で、暮らしぶりがわかるように、家具や小物が展示してある。

そこにはハイジとペーターも…。

ハイジハウスのハイジとペーターの画像
なかなかリアルだね。

さらに50mほど上に建つ、新しい建物がハイジヒュッテ。

おじいさんがチーズを作る大鍋があったり、二階への階段もあったり、ハイジの物語を再現した作りになっていて、かなりワクワク!!

ハイジヒュッテの窓の画像
やっぱりこの窓でしょ! すっかり、ハイジ気分の隊長。

ショップには、郵便ポストもあって、出した手紙にはかわいいスタンプを押してくれるとか。

日本人のおばさまたちに囲まれ、どうやって書くの?と質問されながら、ここでポストカードを書いて出してきました。

ハイジの家レストランまで、長〜いハイキングだ

ハイジ村を堪能した後は、ここから1時間半(約4kmちょっと)歩いて、山の上にあるハイジの家レストランへ向かいます。レストランは、ハイジ村の入場料とは関係ありません。

スタート直後から、急勾配の林間コースでひたすら登りデス…。

ハイジの家レストランへの道の画像

途中に7ヶ所かな、物語の抜粋が書かれた看板や展示物があるので、ハイジ好きの隊長はうきうき。

それに比べて、暑いだの重いだの、ぶーたれる新人。

木彫りのハイジとおじいいさん、ペーターの画像
あ、おじいさん、ハイジ、ペーター。3人が応援に。がんばれ、新人!

応援もあってか、調子が出てきた新人は、ハイジの歌を繰り返し、ふたりとも気分はすっかりハイジ。

ハイジの家レストランの画像
着いた~~!!なかなか歩きごたえがありました。

ヤギではなく、牛に囲まれています。もちろん、ニオイも…。群馬の香りだ!

ハイジの家レストラン、牛の画像
ウシさん笑ってる…。

眺めの良いハイジの家レストランで演劇鑑賞!?

ハイジの家レストランアップの画像
下で見たハイジヒュッテと同じ作りで、ここはレストラン。

ハイジの家でソーセージの画像

ヴルスト(ソーセージ)とコーヒーで一息入れましょう。

 

草原では、ハイジとペーターになりきった子どもたちが、アニメのワンシーンを再現中。

あれはきっと、第1話。山を駆け上がって来たハイジが、暑くて服を脱ぐシーン。お母さんディレクターがカメラを回し、撮っては確認、を何度も何度も繰り返している。

観客は、レストランで休んでいるお父さんと、私たち。それと隣のカップル。

みんなたくさん笑わせてもらいました。

ハイジ劇団員が帰る様子の画像

劇団のみんな、楽しい公演をありがとう。

レストランでたくさん笑って、すっかり元気を取り戻した私たち。帰り道はずうーっと下り。元気に歩いて帰りました。

終わりに

登山道を歩くがっつりハイキングとは違って、ほとんどは舗装されていて歩きやすい道。気づいたら16kmも歩いていました。通りで足が疲れているわけですね。

でも、開放感あるブドウ畑と遠くに見える町の景色の中を歩くハイジハイキング。本当に気持ちよかった。

ハイジ村にはたくさんの日本人観光客が大型バスで来ていましたが、歩かないのはもったいない!

ワインは飲めないけれど、ここに住んでワイナリーを営んでもいいと思うくらい、マイエンフェルトのファンになったのでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]