Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

英国風の街並みが魅力のメルボルン!歩き&トラムでたっぷりと市内観光しよう!!

calendar

冬休み中の甥っ子を連れてのあそび隊の旅。

ケアンズ Cains からはじまり、シドニー Sydney をまわって、終着地のメルボルン Melbourne へ。

ケアンズ~シドニー~メルボルン地図

1人でオーストラリアから帰国する甥っ子のため、日本への直行便がある都市を選択したのであります。

そんなきっかけで訪れたメルボルンですが、かなりハマって、半年の世界旅でもかなり長い時間を過ごした場所となりました!!

私たちの大好きな街、メルボルン。早速、まち探検にくり出しましょー。

スポンサーリンク

世界で最も住みやすい街、メルボルン Melbourne!!その魅力とは!?

メルボルンは、「世界で最も住みやすい町ランキング (英紙エコノミスト調べ)」の1位常連さん。

訪れてみて、納得ですっ!!

だって、本当にステキな町だもの。

メルボルン中心街、英国風の街並みが最大の魅力!!

魅力のひとつは、英国風の街並みでしょ~。

オーストラリアは、かつてイギリス領。その名残が最も多く見られるのが、ここ、メルボルン。

碁盤の目のように区画された中心街は、大型デパートやお土産屋さん、オシャレなカフェやレストランがずらり。

見てくださいよ、このかっこいい駅舎!

フリンダーストリート駅画像Flinder Street Station フリンダーストリート駅。

1854年に完成した、国内初の鉄道駅なんですってよ~。

ジブリ映画『魔女の宅急便』の時計台のモデルになったのではないか、と言われているようです。

時計台の画像
ファッションブティックのH&M。外観がかっこよすぎでしょ~っ!

H&Mの画像
デパートのウィンドウにも、かわいらしい仕掛けが。

デパートのウィンドウ画像
こういうの、レトロな雰囲気で、いいですよね~。

セントパトリック大聖堂 St. Patrics Cathedral 。

セントパトリック大聖堂
ゴシック建築の大聖堂は、高さ約105m、奥行き約92m!オーストラリア最大のカトリック教会だ。

ん?ゴシック??

ほら、世界史の時間に習いましたよね?ロマネスク、ゴシック、ルネサンス・・・。

残念ながら、中は拝観していませんが、ステンドグラスやパイプオルガンが圧巻だそうです。

オールドトレジャー Old Treasury Building は、旧財務省。

旧財務省の画像
現在は博物館として、ゴールドラッシュ期の展示や、建物ができるまでの様子などが展示されていました。

閉館ぎりぎりに入ったので、あまり時間をかけて見られなかったけれど・・・。

こちらのビクトリア州議事堂 Parliament House of VICも立派です。

ヴィクトリア州議事堂
内部も見学できるようです。

メルボルンの大通りには街路樹が植えられ、大都市にも関わらず、緑を近くに感じることのできる、とっても美しい街なのです!

大通り沿いの街路樹
庭園や小さな公園が、あちらこちらにあるのも、魅力的ですね。

公園から大聖堂を望む

あ~、都会に緑があるって、いいわ~。
癒やされる~。

19世紀の面影が残るショッピングアーケード

メルボルンの特徴としてあげられるのが、アーケード。

日本でアーケードと言うと、なんだかとっても庶民的!というイメージですが、メルボルンのアーケードは、とにかくオシャレ!

一番メジャーなのが、ロイヤルアーケード Royal Arcade

ロイヤルアーケード

天井に飾られた守護神

メルボルン最古のアーケードで、1870年にオープン。

その当時から、アーケードを見守っているのが、ゴグ Gog とマゴグ Magog。ふたりの巨人。

15分おきに鐘を鳴らすみたいですよ。

当時の雰囲気がそのまま残っていて、何となくレトロだ。

ブロックアーケード Block Arcade は、1892年オープン。

ブロックアーケード
きらびやかな内装は、それはそれは美しく、歩いているだけで優雅な気持ちになります。

オシャレな雑貨屋さんがあったり、

体重計が置いてあったり(そういえば、ウィーンの街でも見かけたな)、

体重計の画像

メルボルンで最も古いカフェとして知られる、「Hopetoun Tea Room ホープトン・ティールーム」が入っていたり、

ホープトンティルームのウィンドウ
ほんと、見ているだけで楽しかったな。

オシャレなカフェやレストランが集まる小径レーンウェイも、見逃せない!!

アーケードと並んで、メルボルンらしい雰囲気を持つのが、Laneway レーンウェイと呼ばれる小径。

レーンウェイ

カフェやレストラン、バーが軒を重ねています。

どこかヨーロッパの雰囲気が漂ってる~。
さりげなくて、とってもオシャレ。

こんなところで、カフェをするのが、メルボルンっ子なんだろうね。

あ、ちなみに、メルボルンは、どっぷりとカフェ文化です。イギリス領だったのにね。

パリよりも多くのカフェが存在するとかしないとか。

でも物価が高くて、なかなかカフェできませんでしたけどね・・・。

ちなみに、こんなプライベート現地ツアーを見つけました。
その名も「メルボルン 裏道さんぽツアー」。楽しそうっ!!

メルボルンのシンボル!トラムTramに乗って、まち観光を楽しもう!!

メルボルンで忘れてはならないのが、トラム Tram!!

英国風の街並みの中を、爽快に走るトラムは、メルボルンの顔。

トラムの画像
市民からだけでなく、観光客からも親しまれています。

坂道を走る、かわいいトラムを見ながら、映画『魔女の宅急便』の舞台はメルボルンだな、と勝手に決める新人。

クロアチアのドゥブロブニクが舞台とも言われているけれど、新人的には、メルボルンの方がしっくる来るって。

ん?別にどちらでもいい話!?ですよね…。

歩いて観光するのもいいけれど、せっかくなのでトラムに乗ってみよーう。

なんたって、メルボルンの市内中心地は、無料でトラムに乗れちゃうんだから!!
切符を見せる必要もなく、乗り降り自由。

トラムのフリーゾーンの地図は、ヴィクトリア州の鉄道会社PTVの公式サイトのものが見やすいかな。ダウンロードも可能です。

また、観光客向けの City Circle Tram シティ・サークル・トラムというのも走っています。

シティ・サークル・トラムの画像
こちらのトラムは、メルボルンシティ内を循環するタイプ。
もちろん、無料!!

ルートマップは、こちらの観光サイトのものが見やすいかな。

気前が良すぎでしょ~、メルボルン!!そんな気前の良さも、ステキです。

シティ・サークル・トラムに乗る場合は、停留所に「City Circle シティ・サークル」と書かれてあります。

約10分間隔で運行しているし、とっても便利。

私たちは、時間もあったので、シティ・サークル・トラムで街を1周してみました。

風景を見ながら、のんび~りと。約30~40分で1周できたかな。おすすめです!

メルボルンの街を歩いてみて

古きモノと新しきモノが融合する街、メルボルン。

近代的な街並み
歩くだけで、さまざまな発見があり、本当に面白いところです。

英国風の街並みもすてきだし、何より、緑が多いっていうのがいいんです。
さすが、「ガーデンシティー」と言われるだけあります!!

大都会なのに、とーっても居心地がよい街でした!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

12/10〜「旅ものがたり展」やります

旅ものがたり展の画像

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]