Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

フィンランドの夜行列車「サンタクロース・エクスプレス」を体験!清潔な車内をのぞいてみよう!

calendar

感動のオーロラ体験をしたロヴァニエミから、ヘルシンキへ戻る際に利用した、この旅初めての寝台列車!!

サンタさんが、故郷ロヴァニエミに帰るときに利用することから「サンタクロース・エクスプレス」とも言われているようです。

ん?サンタさん、トナカイで帰らないんかね??

ま、大人の事情があるのでしょう。

では、フィランドの夜行列車の旅に行ってみましょ~。

スポンサーリンク

衝撃の事実!?地元では「サンタクロース・エクスプレス」とは言わない!?

日本のガイドブックや旅行会社でも紹介されている「サンタクロースエクスプレス」。響きからしてメルヘンで、なんだか、とっても可愛らしい列車を思わせます。

北海道の旭山動物園に向かう、「旭山動物園号」のように、もしかしたらスペシャルな列車なのかも、という期待を抱かずにはいられません!

私たちもぜひ乗ってみたい!!心躍らせながら、「サンタクロース・エクスプレス」の情報を集めていたときのことです。

いくら、Santa Claus Express で検索しても、なかなか有益な情報は得られない・・・。Eurail などのチケット予約サイトが出てくるだけだし、日本語で「サンタクロースエクスプレス」と検索しても、同じ。

フィンランド鉄道(VR)の公式サイトに行っても、Santa Claus Express の文字はない・・・。

ありゃ??まさか・・・・・・「サンタクロース・エクスプレス」って、地元では言わないの・・・?

一体、誰がつけたのかは定かでアリマセン。愛称として、人知れずに使われているのかもしれないし、フィンランド国外の人が他の列車と区別するためにつけたのか・・・。

でも確かに言えるのは、フィンランド鉄道の公式サイトでの名称は、「Night Train」。至ってシンプルなのであります。

旭山動物園号のような、スペシャルな列車を思い描いていたけれど・・・どうやらそうではないらしいな・・・ぐすん

清潔!機能的!フィンランドの夜行列車は快適だ~。

夜8時ちょっと前、ロヴァニエミの駅に到着です。

ロヴァニエミの駅画像

「Rautaie」は電車、「asema」は駅の意味。

スーパーで買ってきた夜ご飯を食べながら、出発時間が来るまで、じーっと待ちます。

夜9時45分!ついに電車が来ましたぁぁぁ!!

おおお~、2階建て~!!

夜行列車の外観
ちらほら雨が降っている中、ロヴァニエミの駅から、たくさんの人が乗り込みます。

なんだか、夜の旅って、無性にワクワクする!

夜行列車の車体デザインふくろう
車両には、こんなにかわいいフクロウの絵が!!

私たちが予約したのは、1階の2人部屋。

期間限定のお得チケットで59ユーロでした。フィンランドの夜行列車のチケットや寝台タイプについて、くわしく知りたい旅人さんは、こちらをお読みください。

車両は新しくて、かーなーりきれい。

寝台内の画像

室内には、それぞれタオルと水が用意されています。素晴らしいサービスです!

ベッドカバーも、車体と同じく、可愛らしいデザイン。
さすが、フィンランド!森を意識してますね~。

Wi-Fiも完備!
さすが、フィンランド!ネット社会先進国ですね~。

枕元には、照明、目覚まし時計、ラジオ、コンセント。携帯や水のボトルを入れられるポケットなんかもついちゃって!機能的です。

洗面台もついているので、口をゆすいだり、歯磨きしたりが簡単にできるが嬉しいですね。

共用ですが、シャワールームもありますよ。ま、私たちは、浴びませんでしたが・・・。

ちなみに、2階の部屋は、トイレ・シャワーがついているようです。

ロヴァニエミ ~ ヘルシンキ間は、約830km。所要時間は、約12時間。ひと晩で走るのだから、スピードは相当出ている模様。たぶん。

真夜中の原野を走る列車。外には、トナカイやムーの群れがいるのかもしれない。そんな楽しい空想をしながら、眠りにつきます。

翌朝、窓から見えるまぶしい朝日で目が覚める。

列車は、ときおり揺れて、カーブのときは転がり落ちるんじゃないかと思うほど。でも、隊長はよ~く眠れたようですよ。新人はまあまあね。

朝食のポリッジを食べに、食堂車へ。

食堂車の画像
期間限定のお得チケットで、電車代もほぼ半額で、さらにポリッジ付きだったのです。

新人は、寝不足気味のはずなのに、初めてのポリッジに大興奮!食いしん坊だからね〜。

食堂車での朝食風景
ポリッジのお味はと言いますと…、うん、甘いおかゆみたいな感じだね。お金を出してまで食べたいか?それは、どうかな…。

ぼーっと窓から景色を眺める。ほんと、何もないなぁ。

あっという間にヘルシンキに到着。

夜行列車の画像
あ、こんなクマさんデザインの車両もあったんだね。

電車から降りた後も、揺れの後遺症がある私たち。1日中ずーっと体が揺れている感じでした…。

結構な揺れはあったけれど、こんなに快適な寝台は初めて!

と〜っても、ワクワクする時間でした。

ま、ほとんど寝てたけどね。

フィンランド 夜行列車の旅を終えて・・・

フィンランドの夜行列車は清潔で、快適で、安心!

宿泊代も浮くし、非日常を味わえる列車旅。たまには、こんな体験もいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊いち押しの2018年カレンダーはいかがですか?

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]