Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

中世の街並みが残るプラハ。市内観光でその魅力に迫る!!ビアホールも忘れずに☆

calendar

reload

中世の街並みが残るプラハ。市内観光でその魅力に迫る!!ビアホールも忘れずに☆

チェコ大好きの私たち。

この旅でも、
チェコ⇒フィンランド⇒チェコ⇒オーストリア⇒チェコと、3回も訪問。

ま、これには理由がありまして…。
新人ファミリーの合流を待っているからなのであります。

新人ファミリーの到着に合わせ、チェコとオーストリアをウロウロ。正直、前に進まない感じがして、旅へのワクワク感が下降気味…

3回目のプラハ訪問で、ようやく新人ファミリーと合流。ようやく前に進めるぞ!

ということで、チェコプラハ編のはじまりはじまり~。

スポンサーリンク

中世ヨーロッパへタイムスリップ!プラハの街並みをそぞろ歩こう!

チェコの魅力は、なんといっても、中世の街並み!!

カレル橋

新人は、約10年前にチェコに訪れた際、この街並みに一目ぼれ。

歴史を感じさせる古い街並み。いびつな石畳。
広場の周りには、ステキなオープンカフェやレンストラン。

ああ、夢の世界が広がってる!!ってね。

なんでも、チェコは、第二次世界大戦のときに
早々とドイツに降伏したため、戦火に巻き込まれなかったとか。

今となっては、それが功を奏し、美しい街並みを求めて、

世界中から観光客が足を運んでいる、というわけです。

プラハの街をそぞろ歩いて思うのが、やっぱり規模がデカイ!!ということ。

プラハの街並み画像
ヴェネチアのような豪華絢爛な感じはないにしても、
石畳が続く街並みは、やっぱり圧倒的で、趣があり、本当にステキ。

プラハ最古のカレル橋 Karlův most (英:Charles Bridge)は見どころたくさん!

プラハで有名は橋と言えば、カレル橋。
昼も夜も、多くの観光客で賑わっています。

カレル橋夜景
プラハ最古の石造りの橋は、旧市街地とプラハ城を結んでいます。

長さは、驚きの500m以上。結構の長さですね。

重厚感のある橋には、30体もの聖人像が並びます。日本でキリスト教を広めた宣教師フランシスコ・ザビエルの像もあるんだとか。

どれだったのかなぁ。

一番有名なのは、聖ヤン・ネポムツキー像。

石像が並ぶ中、唯一の銅像。
「台座に触れると幸せになる」という観光地あるある。おかげで、台座はピッカピカ。

私たちは、どの聖人像がかっこいいかね~、なんて話しながら、歩きました。

また、露店をひとつひとつ見ながら歩くのも、楽しいです。

チェコっぽい絵やアクセサリーがたっくさん。

カレル橋の露店
いつも、だれかしらが音楽を演奏していて、とても賑やか。

カレル橋の音楽隊
中でも、おじさんグループの演奏はピカイチでした。

泡立て器と洗濯板を楽器にしているおじいちゃん(写真の左から2番目)が、
楽譜を見ながら、一生懸命演奏する姿が、とってもかわいかったな。

早朝のチャールズブリッジ(あ、カレル橋のことですよ)では、あちらこちらで、ウエディングドレス姿の人が写真撮影!!

早朝のカレル橋
えっ?なんで??
そういうツアーがあるのかなぁ。

プラハの旧市街広場 Staroměstské náměstí と天文時計は外せません!

旧市街広場(英:Old Town Square) も、いつも人であふれていて、活気がある。

馬車がよく似合うなー。

旧市街広場の馬車
世界的にも有名なこの天文時計 Astronomical Clockは、約600年も動いているとか!!

天文時計の画像

歴史を感じさせますね。

仕掛けが動く毎正時になると、どこからともなく、たくさんの人が集まる。

仕掛け時計アップ画像
正直、仕掛け自体はそこまで大それたものではなく、
数十秒で終わっちゃいます。

それでも、機械仕掛けの時計は、いつ行っても大にぎわい。

キリストの十二使徒の行進が見られる、貴重なカラクリらしいですよ。

天文時計の詳しい説明は、こちらのサイトを読むと勉強になります。
英語とチェコ語のみで、あそび隊は、途中で断念してしまいましたが…。

天文時計のある塔の上へ登ると、賑わっている様子を上から見られます。

天文時計タワーからの眺め
旧市街広場と街並みも、反対側のお城もよーく見えて、気持ちいい。

千年の都プラハを代表するプラハ城を回ろう!

フィンランドに留学中のおせんべいさんの同級生でもある、隊長の教え子が、偶然にも夏休みでプラハを旅行中。

またもや合流し、若者パワーに触れることに!

何年ぶりかわからないが、中学生時代となんら変わらないバドさん(元バドミントン部)。

新人が、プラハ空港へ家族を迎えに行っている間、隊長はバドさんとプラハ城へ。

プラハ城画像
バドさんは歩くのがめちゃくちゃ速くて、一緒に歩くのは大変だっ。さすが、元運動部員の21歳。

それでも見どころたくさんのプラハ城は、3時間以上はかかってしまうのです。

圧巻のステンドグラス!!プラハ城の聖ヴィート大聖堂St. Vitus Cathedral

プラハ城内に歴史的建造物はいくつもあるけれど、なかでも代表的なのが、聖ヴィート大聖堂。

聖ヴィート大聖堂の画像
プラハ内で、最も大きく、最も重要な大聖堂だ。

重厚感のあるゴシック様式だな~。かっこいい!

宗教的な要素はもちろんのこと、チェコ王と王妃の戴冠式も、こちらで行われたんだって。

なかに一歩入れば、高~い天井。厳かな空気が漂います。

聖ヴィート大聖堂内
パイプオルガンもかっこいい。

パイプオルガンの画像
左右の回廊には、豪華なステンドグラス。色鮮やかで、一枚一枚、見ごたえたっぷり。

中でも、チェコの代表画家ムハ(ミュシャ)のステンドグラスは、絵画的で、明るい色合いが印象的。

ミュシャステンドグラスの画像
優しい感じがします。
ちなみに、ミュシャのステンドグラスは、
左の回廊、入り口から3番目、だった気がします。

黄金の小径では、カフカの家を見てみよう!

カラフルで、小さな家が立ち並ぶ、黄金の小径。

黄金の小径の画像
16世紀には、お城の番兵とその家族が住んでいたそうです。

チェコを代表する作家、フランツ・カフカが、2年間住んでいたされるのが、22番の青い家。

カフカの家
今では本屋さんとなっているのかな。

ほかにも、雑貨屋さんやお土産屋さんなど、ひとつひとつの家に入ってみるのも、面白い。

でも、とにかく小さくて、天井も低い!
かかんで入らなくてはならないくらい。

本当に、ここに人が住んでいたんだろうか…
どんな暮らしをしていたんだろうか…

と、思いを馳せてしまいます。

世界で最も美しい図書館!ストラホフ修道院へ、ちょっと寄り道

今回訪れたわけではないのですが、以前、元同僚の社会科教員と一緒に訪れた修道院。

プラハ城から徒歩15分ほどの、ペトシーンの丘の高台にあります。

ペトシーンの丘
なかなかの上りですが、展望がよいです。

12世紀ごろに造られた修道院。
その中で、最も美しい図書館のひとつと言われるのが、こちら。

哲学の間

哲学の間

「哲学の間」と「神学の間」のふたつの広間が回廊でつながれています。

なんか、ハリーポッターに出てきそうな図書館だな~。
天井画も、うっとりするほど、きれい。

ストラホフ図書館の天井画

神学の間の天井画

そして何より、17~18世紀ごろの地球儀と天体儀。

これがまた、いいんだよな~。

この時代の図書館には、必ず地球儀と天体儀が置かれている。

昔は今よりもずっとずっと、宇宙の存在が近かったんだろうね。

「哲学の間」と「神学の間」は、中に入ることはできませんが、
それでも、見学する価値はあると思います。

チェコビールを堪能しよう!ビアホール「ウ・メドヴィードクー U Medvídk」で、かんぱ~い!!

夜は、新人ファミリーとバドさんも交えてビアホールへ。

チェコは、ビアホールがあちらこちらにあります。

新人ファミリーが持ってきたガイドブックや、新人の得た情報などをもとに、
こちらの「ウ・メドヴィードクー U Medvídk」さんへ。

予約なしで、いざ!たのも~う!!

お店のなかは、結構にぎわっていましたよ。

初ビアホール in チェコの新人ファミリーは大興奮!!

シュニッツェルやソーセージなど、おいしい料理を楽しみながら、チェコビールに舌鼓。

ビアホールでかんぱいの図
それにしても、なんとも不思議な組み合わせだね。

まさか、こんな形で教え子とお酒を飲むとは思いませんでしたよ。

あ、隊長はお酒じゃなくて、ジンジャーエールだけどね。

何度訪れてもステキな街、プラハ!!

プラハは、やっぱり何度訪れてもいい!!本当に大好きな街のひとつです。

現地ツアーに参加して、プラハの歴史などを聞きながら観光するのも大アリだな~、と思います。

歴史を知ると、その国に親近感がわき、観光にぐーっと深みが増しますから。

最近は、日本語対応のプライベートツアーもあるみたいですしね。

気になるプラハの市内観光ツアーはこちらをどうぞ。
ビアホールが体験できるツアーなんかもあるようです。

新人は、間違いなく、そのツアーに1票を投じるでしょうね!
チェコビール、飲まずして、チェコは語れまい!です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

12/10〜「旅ものがたり展」やります

旅ものがたり展の画像

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]