Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

ザースフェーで花の遊歩道コースをハイキング Kreuzboden ~ Almagelleralp ~ Saas-Almagell

calendar

reload

ザースフェーで花の遊歩道コースをハイキング Kreuzboden ~ Almagelleralp ~ Saas-Almagell

13個の4000m級の山々と氷河に囲まれた村、ザースフェーはご存知ですね。

村を散歩するだけでも、スンバラシイ絶景を望めるけど…、周辺にはハイキングコースもたくさんあるし、ほとんどの乗り物はシチズンパスで無料だし〜!

せっかくだから、さらに大自然にどっぷり浸かりましょー。シチズンパスや村の様子などは、こちら をご覧ください。

花の遊歩道ハイキングのMAP

人気のコースを調べて見つけたのが、絶景パノラマハイキングっぽいこちら。「花の遊歩道」とも呼ばれているコースです。

  • ハイキングルート:クロイツボーデン Kreuzboden ~ アルマゲラーアルプ Almagelleralp ~ ザース・アルマゲル Saas-Almagell 「アルペンブルーメン・プロムナードAlpenblumen Promenade(花の遊歩道)」
  • 日にち:2016年7月9日
  • 所要時間:約4時間半(昼休憩込み)
  • 距離:10.5km
  • 体力レベル&難易度:前半はほぼ平坦、最後の下りがややきついかも 初級者〜
  • 歩いた感想:前半は谷の反対側の山々と氷河、ザースフェーの村がずーっと見渡せる絶景が続きます。コースには花の名前や写真のついた説明板がいくつもあって、読みながら行くのも楽しい。アルマゲラーアルプからの景色は、また涸沢のようでしたよ。

スポンサーリンク

ザースグルントの村からゴンドラに乗って

ザースフェーのバスターミナルからポストバスに乗って、隣の村ザースグルント Saas-Grund へ行きます。この移動もシチズンパスで無料です。

バスが1時間に2本しかなかったので、パンを買うのも諦めて…、早めにバスに飛び乗りました。

どこかでお昼用のパンを買いたい!と思い、ザースグルントの中心部 Saas- Grund Post Bus Station でバスを降り、歩いていると、coop発見!coop様ありがたや〜。

クロイツボーデン行きのゴンドラは、このバス停から更に一つ先のバス停で下車します。バス停の名前は、Google mapさんを見てみると、Saas-Grund Bergbahnen かな。

ハイキングコースのスタート地点であるクロイツボーデンは、ゴンドラの最終地点ではなく、実は途中駅。ゴンドラはさらに上の、ホーサースまで続いています。せっかくだから、最終地点のホーサースまでゴンドラを乗り継いで、眺めを楽しむことにしました。

ホーサースではモンテローザを眺められる

ホーサースからの眺めの画像

なんの苦労もせずにビュ〜ンと標高3142mまで上がってきてしまいました。
本当にスイスの乗り物はすごいですな〜。しかもタダ!

ホーサースからは、4000m峰が18座も見えるらしい。

ザースフェーからは見えないヨーロッパ第2位の高さであるモンテローザもちょこっと頭をのぞかせています。(上の写真の左から3つ目のトンガリです)

このあたりを軽く散策していると、おじさんが話しかけてきました。
「この辺に咲いている花は、このあたりにしか咲かないんだよ。なかなか見られないぞ。」って。

うんうん、そうですね。こんなに高いところでも、お花は頑張っていました。キレイな色でなかなか可愛い。

ホーサースからの眺めを楽しんだ後は、またゴンドラに乗ってクロイツボーデンまで戻ります。

クロイツボーデンから絶景ハイキングスタート!

ここからが今日のハイキングコースだ。

「Alpenblumen-Promenade (花の遊歩道)」と書いてありますね。

谷全体を見渡せる画像
本日のコースは、ザースフェーの谷とそこを囲んでいる山々がすっごくよく見渡せます。
ウワサ通りの絶景パノラマコースです。

谷の奥には、ダム湖が見える画像
ちょうど谷の反対側が、前日に歩いた、イチオシのドキドキコース。思い出すだけでも、楽しくなっちゃうコースだったな。

奥に見えるのが、ダム湖シュタウゼー。

人気のコースという割には、歩いている人は少ないです。前日のコースの方が断然、人気があるようだね。

花の遊歩道にこんな花が咲いています

「花の遊歩道」コースですので、可愛らしいお花がたくさん?咲いていました。

大きい花もありますが、小さくて儚げなお花畑もまた、いとおかし。

小さい花がいっぱいの画像
花の説明板というのは、これですな。あちこちにありましたよ。

じっくり見てみたけど、全然わかりません。ドイツ語ですから…。

気持ちいいアルマゲラーアルプは、まるで涸沢

大きな谷沿いから外れ、左の奥の方へ入ってくると、アルマゲラーアルプの山小屋が見えてきました。

もうすぐアルマゲラーアルプ

夏休みということで、ちょうど中学生くらいの団体が休憩を終え、出発するところでした。
これから登っていくらしく、今晩は山小屋泊かテント泊なのかな?

こんなに若い時から、スンバラシイ絶景の山に親しめるなんて、本当に羨ましい…。
スイス人にとっては、ハイキングは国民的余暇活動なんだね。

コープのワッフルの画像
子どもたちもいなくなり、静かになったので、私たちもお昼休憩。
あ、さっきもちょこっと食べちゃったけど、改めて〜。

何度もお世話になったCOOPのワッフル!安くて美味しい〜のです。
あまりに軽くて、あっという間に4つ入りの一袋が終わってしまうのが悲しいところ。

修行風の画像

山小屋の前にある広場からは、ザースフェーを囲む山が正面に見える。個人的には、ここからの景色がこのコースで一番好きかもしれないな。

あまりに気持ちの良い広場で、瞑想したくなる…!?くらいですよ。

アルマゲラーアルプの山小屋の画像

反対側はこんな感じで、山に囲まれた、まるでお椀の中にいるような…わかるかな。

ここの山小屋で朝を迎えられたら、素晴らしいだろうな〜と思いました。

ザースアルマゲルへの下山コースは結構キツイ

離れがたいこの広場を後にし、川沿いをまっすぐ進んで下山コースをとります。
ここから、1時間ほどでザースアルマゲルの村まで行けるようです。

ザースアルマゲルへ向かう道の画像
途中で2つのコースに分かれましたが、右のコースを選択。どちらでも村へ下りられるようです。

「ザースアルマゲルからスタートして、1時間でここのアルマゲラーアルプに来られるのかぁ。それもいいなぁ。」

・・・って思いましたが、下山していくと、

ザースアルマゲルの村が見えてくる画像
結構、きつい下り。

ってことは登りはかなり苦しいでしょうな。

で、先ほどの考えは却下。

時間をかけてでも、クロイツボーデンからのんびり絶景を見ながら歩くのが正解です。

ザースアルマゲルの村とワンコの画像
ワンちゃんは元気に登ってきていましたが。

足にくる下り坂を終え、無事にザースアルマゲルの村へ下山できました。

バス停の前には小さなスーパーがあり、ハイキングを終えたおじちゃんおばちゃんがアイス(もちろんマグナム!)を買っていました。

ザースアルマゲルのバス停の画像
たくさんの人が、ここのバス停でマグナムを食べていて、思わず笑っちゃうほど。なかなか面白い光景でしたよ。

のんびりと遠くまで見渡せる開放感あるハイキング

今回のコースの見所は、前半の開放感ある谷沿いウォークとアルマゲラーアルプの気持ち良さですね。

ホーサースやクロイツボーデンからの景色は、ザースフェーとはちょっと違う角度から4000m級の山々を見渡せて、開放感がありました。

ザースフェー周辺の村の様子もよくわかり、本当に、なんてところに村があるんだ!!!ってまたまたスイス人に脱帽ですよ。

「花の遊歩道」としては、今年はちょっと寒かったのか早かったのか、あと一歩な気がします。エーデルワイスも全然咲いてなかったしね。

でもお花好きの方は楽しめると思いますよ〜。ぜひ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]