Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

フィンランドのこれはハマった!!カラダもココロもぽっかぽかのサウナ体験!!

calendar

サウナ大国、フィランド!!

オーロラ観測やサンタクロース村、ヘルシンキのまち散歩もいいけれど、や~っぱり、サウナなくしてフィンランドは語れません!!

カラダとココロをじんわり温めるサウナ。こんな至福の時があっていいのでしょうか!?

今回は、あそび隊もハマった、フィンランドの「サウナ」についてのお話です。

スポンサーリンク

フィンランドの国民的習慣!サウナにどっぷり浸かる!

フィンランド人にとって、サウナはなくてはならない存在。私たちも、ロヴァニエミ、ラッペーンランタでは、大変お世話になりました。ヘルシンキの宿にはついていなかったけれど、ヘルシンキ発の面白そうなツアーを発見しました!詳しくは、一番最後をご覧くださいませ。

さてさて、サウナ付のコテージ。

Casa Arctica Apartments の外観
ロヴァニエミで泊まった「Casa Arctica Apartments」。かわいい外観です。

サウナの画像
サウナはこんな感じ。個人宅なのに、ちゃんとしてますよね。

Casa Arctica Apartments 内装

ロヴァニエミの宿「Casa Arctica Apartments」の室内

サウナ効果で部屋全体が暖かく、外が寒くても本当に快適!ストーブやエアコンがなくても、サウナひとつで間に合っちゃう。

生活の知恵だなぁ。

オーナスバーラのホテル外観
ロヴァニエミのオーナスバーラエリアで泊まった「Lapland Hotel Ounasvaara Chalets」。こちらにも、サウナが。

サウナの入り方ポスター

入り方は簡単で、サウナに入る30分ほど前に、石が入ったストーブのふたを開け、電源をぽっちとな。石がだんだんと熱くなり、部屋も温かくなる、という仕組み。

30分後には、サウナルームはぽっかぽか。

水桶の画像

洒落た桶ですね~

さらに温度を上げたければ、石の上から水をかける。そうすると、あっつ~い水蒸気がジュワ~!

オーロラ観測で、夜中に冷え切って帰ってきても、サウナに入るとカラダはホント、ぽっかぽか。

よ~く眠れるのです。

シャワーとサウナの組み合わせは、まさに温泉旅館のよう。

日本では、息苦しくてサウナにはあまり入らないけれど(まぁ、温泉だけで十分温まるしね)、

隊長は完全にサウナにはまり、時間がなくても、夜中でも、チャンスがあれば、サウナでいっぱい汗をかいて楽しんでいました。

家にサウナがあるっていいなぁ~。あったまるな〜。幸せな気分になるな~。

なんて素晴らしい文化なんだ!!

フィンランド人にとってのサウナとは?

フィンランドで実際にサウナを体験してみると、そこには、日本のサウナともちょっと違う、フィンランド流サウナの楽しみ方や考え方がありました。

ありのままの姿で堂々と!

ラッペーンランタのホテルに泊まったときのこと。

ここには、共用のサウナがついていました。それまでは、コテージのプライベートサウナにしか入ってこなかった私たち。

はじめての、共用サウナです。

さて、ここで問題。

共用サウナに入るときは、水着?巻き巻きタオル?それとも裸?

かなり心配になってきた新人。だって、水着を持っていないがために、スイスではサウナは入れなかったし。フィンランドの混浴サウナに入った、という旅人さんもいらっしゃったし。

そこで、隊長を偵察に行かせます。

待つこと15分。隊長の答えは・・・??

「みんな、裸っぽかった~。」

ああ~、よかったっ!これで、安心してサウナを楽しめます!

ちなみに、フィンランド人はみなさん、タオルでカラダを隠すことなく、堂々とサウナに入ります。

「自分」であることを、恥じることなく、自然体を大事にする。ありのままの自分を受け入れる。これがフィンランド流の考え方なんですね。

あ、でも、抵抗のある人は、タオルを使ってもいいそうですよ。

サウナで温まったら、湖へダイブ!!

湖のほとりのコテージ
湖が多いフィンランド。湖のほとりにサマーコテージを持っている人が多いみたい。

夏はコテージでサウナを楽しむんだとか。冬でも夏でもサウナなんですね。

サウナで温まった後に、そのまま湖に飛び込むのが、フィンランド流!

おもしろいっ!!

ロヴァニエミに留学中の教え子、おせんべいさんも体験したらしいですよ。

コテージは代々受け継がれていくもの。代が変わっても、家族や友人との大切なひとときが、たくさん生まれていくんだろうなぁ。

なんか、いいな、そういうの。

ちなみに、サマーコテージを持っていない人は、コテージを持っている友人宅を訪れるみたい。

そういえば、ラッペーンランタでお世話になったホテルの共用サウナには、プールがありましたね。

フィンランド人のおねーさんたちは、サウナで温まった後、水着を着てプールに向かっていたっけ。カラダがぬれているので、着るのは大変そうでしたが・・・。

「サウナ⇒水へダイブ」は、自然の中でも、建物内でも同じ。

フィンランド流のサウナの楽しみ方ですな。

絆を深めるプロセス!

友達や家族とサウナに入り、カラダもココロもリラックスさせ、おしゃべりを楽しむ。

フィンランド人は、サウナに入ることを「絆を深めるプロセス」とも考えているようです。

だから、ときには、会議にも行われるらしい。「より重要な決定は、会議室よりサウナで、下される」という言葉もあるくらいだとか。

すごいなっ、フィンランド!!まさに、裸と裸の付き合いですね。

サウナ自体を楽しむ!

ときどき、日本のサウナでテレビが置かれていることがありますね。たしかに、テレビがあれば、なが~く入っていられるのかも。

でも、フィンランドでは、テレビはもちろんのこと、リラックス効果のあるアロマや音楽さえありません。

そこにあるのは、明かりもぼんやりとしたサウナルーム。特別なものは、何も要らない。

なんか、自然と共存してきた、フィンランドらしい考え方だなぁ。

カラダとココロにたまったものを流す!

フィンランド流サウナは、「こうあるべき」という正しいルールがあるわけではないようです。

楽しくおしゃべりしたっていいし、真剣に会議をしたっていい。

ときには、仲間とビールやソーセージを食べながらだって、構わない!!

でも、最も大事なのは、カラダとココロの緊張をほぐし、カラダとココロにたまったものを流すこと。そのことによって得られる、至福のときを体験すること。

とっても奥深いです。

サウナ体験を通して

冬が長~いフィンランド。そんな中で、大切に守られてきた文化のひとつが「サウナ」。

カラダを温めるだけでなく、

大切な人たちとココロを互いに通わせる場として、
カラダとココロにたまったモノを流してくれる場として、

フィンランド人の生活に溶け込んできたんだな。

ぜひ、多くの旅人さんに体験してもらいたいですっ!!

【朗報!】サウナ付きの宿が多くないと思われるヘルシンキ。いろいろと調べてみたら、ヘルシンキ発サウナ体験ツアーを見つけました!フィンランドのオプショナルツアー予約VELTRAで、検索窓に「サウナ体験」と入れてみてください。ちょっと変わったサウナ体験ができるようですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊いち押しの2018年カレンダーはいかがですか?

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]