Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

ゴルナーグラートからツェルマットの王道ハイキングを満喫!Gornergrat ~ Riffelsee ~ Zermatt

calendar

reload

ゴルナーグラートからツェルマットの王道ハイキングを満喫!Gornergrat ~ Riffelsee ~ Zermatt

ツェルマットを訪れる日本人なら、誰もが一度は行くであろうゴルナーグラート展望台。

マッターホルンの写真やポスターでよく見かける、逆さマッターホルンが見られるリッフェルゼー周辺は大人気の定番エリアです。

歩くのに自信のない人でも、途中のローテンボーデン 〜 リッフェルベルクの1区間だけでも歩くべし。

私たちもいちばん行きたかったコースなので、天気が良くなるまでずーっと待っていて、6日目にやっとトライできました。

ゴルナーグラートからのハイキングコース

  • ハイキングルート:ゴルナーグラートGornergrat 〜 リッフェルゼーRiffelsee 〜 ツェルマットZermatt
  • 日にち:2016年7月15日
  • 所要時間:約4時間45分
  • 距離:11.5 km
  • 体力レベル&難易度:全体的にやや急な下りで距離は長め 中級者〜
    (日本人がいっぱいのローテンボーデン 〜 リッフェルベルクはほぼ平坦で初心者でも可)
  • 歩いた感想:開放感ある景色の中でマッターホルンと電車の両方が見られ、電車好きには最高ですよ。逆さマッターホルンが見られるリッフェルゼー周辺は、日本人に大人気。このコースは外せません。

スポンサーリンク

朝いちばんの登山電車で!いざ!!

ツェルマット駅前にあるゴルナーグラート登山鉄道駅から、朝7時発の電車に乗ってゴルナーグラートへ。

ツェルマットの村は曇っているが、上は晴れているらしい。ってことで、電車は朝から大賑わい。でもここでもやっぱり半分は日本人のツアー客!

電車はぐんぐん高度を上げていく。

ツェルマットにかかっていた雲は、上から見ると雲海となって、谷全体を覆っていた。

ツエルマットにかかる雲海
なんて素晴らしい眺め!!そして、上は晴れていた。やった〜!!

前日に降ったと思われる雪がキラキラと光ってきれーい。

登山電車からの眺めの画像

あー、ほんとにこの日を待っていてよかった!!

展望台からの眺めにクラクラする~

標高3089mの展望台からは360度見渡せる。

ゴルナーグラート展望台からのマッターホルン
西を見れば、マッターホルン(4478m)、

ゴルナーグラートから見るモンテローザ
南を見れば、ヨーロッパ第2位のモンテ・ローザ(4634m 氷河の左)、

ゴルナーグラート展望台からのドーム
北を見れば、スイス単独では最高峰のドーム(4545m、写真真ん中のとんがり)などなど、4000m級の山々が鎮座する。圧巻の景色!!

眺めていても全く飽きることがなく、何度も何度もカメラを向け、シャッターを切る。

ゴルナーグラートには、小さな礼拝堂が佇んでいました。
たくさんの登山家が命がけで山頂を目指すこの地では、大切な場所なのです。

登山電車とマッターホルンのコラボが最高

景色を堪能したあとは、ハイキングハイキング〜。

ゴルナーグラートからのハイキングルート標識
展望台にいたたくさんの日本人は、また電車に乗るようで、ここから歩いていく人は少ないみたい。

雪が残っている道を滑るように下っていきます。

雪の上を歩いている画像
開放感ある景色の中で、マッターホルンと電車!

マッターホルンと登山電車
鉄道好きじゃなくても、大興奮(の隊長)!

しかも上りと下りで結構頻繁に電車が通ります。次はここから狙うぞ〜って電車を待ち…

ゴルナーグラート登山電車とマッターホルン
きた〜〜〜!!パシャ、パシャ。
すっかり鉄道マニア?!の隊長。

人気のリッフェルゼーでは、逆さマッターホルンが

逆さマッターホルンが見えるという大人気の湖、リッフェルゼーへ。

結構、上の方からも見えていたリッフェルゼー。ぬかるんで滑りやすい下りを慎重に進んでいく。

むむ?さっきまで誰もいなかったのに、急にぞろぞろと人だかりが…。

ローテンボーデンの駅前の画像
ゴルナーグラートの1つ下の駅である、ローテンボーデンRotenbodenから歩く日本人ツアー団体のようだ。出てくる出てくる、ものすごい数の日本人。

さあて、リッフェルゼーはどうかなぁ?

リッフェルゼーに映る逆さマッターホルン
おお〜!逆さに映ってる!
今日は風も穏やかで、恵まれたなぁ。ありがたや〜。

湖の周りには人がた〜くさん。
のーんびり見るには、ちょっと日本語がにぎやかデス。

少し歩いていくと、もうひとつの湖に着いた。

もう1つのリッフェルゼーに映るマッターホルン
こちらも逆さに映ってる!すげ〜!

ガイドさんの声がよく響きます。「滑らないように気をつけて〜。ゆっくりでいいですよ〜。」

はーい。

ゆーっくり歩くツアー団体に挟まれたあそび隊2人。
先は長いので、もう少し早く歩きたいっ!

・・・タッタッタッタッ!

日本人ツアーを4団体くらい追い抜かすと、ようやく静かになりました。

静かになったリッフェルゼーからの下り
そうそう、いつもこんな感じ。

リッフェルベルクの駅前の画像
ツアーはここのリッフェルベルクRiffelbergの駅まで歩いて終わりみたいです。

私たちは、ツェルマットまで歩いて行きまーす。

開放感ある景色の中、やや急な下りが続く

ここからは、歩く人がまばらになってとっても静かでのーんびり。

ツェルマットの羊さんは、毛が長くてモコモコしている。

ツェルマットの羊さんの画像
グリンデルワルトで見たのよりもかわいいな。

リッフェルベルクからの下りの道の画像
これから下っていく道筋がよーくみえて、気持ちいいコースだ。

マッターホルンにはだんだん雲がかかるようになり、なかなか全体像をみせてくれない。

お花畑エリアでは、頂上が隠れちゃった…

お花畑とマッターホルン

リッフェルアルプのレストラン近くに、絶景のベンチを発見。
お昼休憩には、最適スポットですが、もうパンは食べちゃったのだ。

リッフェルアルプでトイレを探してウロウロ

この辺りで、隊長がトイレ休憩を欲し、ホテルへ行ってみたけど工事中。

レストランで借りられると聞き、レストランを目指してわたわた。

どこを歩いていたのか、トイレが限界だったのでよく覚えていない…

この記事を書いていて気づいたのですが…、
ツェルマットへのオススメの道は、ここらにある分岐を左へ行き、スキー場や何軒かのレストランを通っていくようです。

???

私たちは、道を間違えたのか!?

私たちは、教会を過ぎ、線路沿いを歩き、線路を渡って、左に下りていく道を通りました。

もちろん、ツェルマットへの標識を見ながら歩いているので、ゴールは同じなんですがね…。

そうすると・・・、ここからはほとんど林間コース。

ずーっと林の中をジグザクと

ときおり、目指すツェルマットの村が見えるだけで、ひたすら林の中を歩きます。

林間コースから見えるツェルマット
もう少しだ~!

結構急な下りだけど、登ってくる人も多い。

ここを登るのは大変そうだけど、富山のお父さんは、この道のりを往復したみたい…。さすがです。あ、富山のお父さんって、グリンデルワルトで出会った、ストイックなお父さんのことです。元気かな~。

かなり下りてきて、ツェルマットの住宅地に入ってきた頃、

ツェルマットのニャンコ
マーモットだ〜!!っと思ったら、ニャンコでした。
すっかり住宅地ですね。

ユースホステルまで約4時間半、11キロをひたすら下りました。
この長い下りは、ちょっと足にきて、翌日は筋肉痛になりましたよ。

やっぱりこのコースは外せない、素晴らしい眺め!

ツェルマットでは、3つのハイキングコースを歩きましたが、やっぱり、王道のゴルナーグラートとリッフェルゼーは見逃しちゃいけません。

ツェルマットでは天気になかなか恵まれず、滞在6日目、最後の最後で、マッターホルンを存分に楽しめた今日のハイキング。

飽きっぽい私たちは、ツェルマットの村とユースホステルにちょっと飽きてきて、もう移動したいっ!って頃だったのです。

天気の神様〜、本当に感謝、感謝デス。

ツェルマットの村の様子と他のハイキングコースはこちらへ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]