Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

ツェルマット、シュヴァルツゼーからマッターホルンの麓をハイキング Schwarzsee ~ Zmutt ~ Zermatt

calendar

reload

ツェルマット、シュヴァルツゼーからマッターホルンの麓をハイキング Schwarzsee ~ Zmutt ~ Zermatt

ツェルマットでは3つのハイキングコースを歩きました。

今回は、そのうちの1つ、シュヴァルツゼーからツェルマットへ歩くコースです。このエリアのすごいところは、マッターホルンが、すぐ目の前にあることです。

全体的にゆったりとした下りなので、あまり大変じゃなさそうってことも魅力的ですね。

別プランでは、シュヴァルツゼーからヘルンリ小屋へ歩き、1泊したい気持ちもあったのですが、毎日天気が悪く、そのプランは却下。

  • ハイキングルート:シュヴァルツゼーSchwarzsee ~シュタフェルアルプStafelalp〜ツムット村Zmutt〜ツェルマットZermatt
  • 日にち:2016年7月14日
  • 所要時間:約4時間半
  • 距離:10.5 km
  • 体力レベル&難易度:距離はちょっとありますが、ほぼ緩やかな下り 初級者〜
  • 歩いた感想:天気が悪く、極寒の日。それでも、マッターホルンをすぐ近くから拝めたので歩いてよかった。この辺りからは、とんがり具合が少しなだらかに見えました。ツムットへ行く道が間違えやすので要注意。

スポンサーリンク

ツェルマットからゴンドラでシュヴァルツゼーへ

この日は朝から曇り、気温も低くて寒い。でも、雨は大丈夫そうなので、ハイキング決定!

ユースホステルから歩いてゴンドラ乗り場へ行くと、

偶然にも、日本人現地ガイドと6〜8人ほどの観光客。ここで待ち合わせだったようで、挨拶をして、今日の予定を説明してる。

私たちと同じコースを歩くらしい…。

うーん、あんまり近いとお互いにイヤなので、ちょっと間を空けてゴンドラに乗り込みます。

途中のフーリFuriで1回乗り換えて、さらに上のシュヴァルツゼーへ。

一気に寒さが増し、上の方は雪が見えてきた。
前日ツェルマットに降った雨は、上の方では雪だったようです。7月なのに!

シュヴァルツゼー遠目の画像

シュヴァルツゼーのゴンドラ駅から見た、シュヴァルツゼーです。
「ゼー」とはドイツ語で湖のことですよ。

上の方にうっすら見えるのがマッターホルン!!雲がかかっていて頂上は見えませんが、スッゴク近いっ。

薄暗いシュヴァルツゼーはちょっと神秘的

しかし、本当に、寒い。寒すぎるっ。

シュヴァルツゼーから歩き始める画像
持っていた服を全部着て、レインウェアを腰に巻きつけて、ハイキングスタートだ。

シュヴァルツゼーは「黒い湖」という意味だそう。
ちょうど晴れ間が差し込んできて、後ろの山々が映り込んでいます。

湖面に山を映すシュヴァルツゼー画像

うわ〜、なかなか神秘的な景色ですな。
湖のほとりには、可愛らしく立っているのは礼拝堂。

礼拝堂の絵画像

中に入ると、山の礼拝堂らしい絵がありました。

魔の山マッターホルンに挑戦してきた人々が、最後にお祈りする大切な場所なんだと思います。

シュヴァルツゼー礼拝堂画像

日が差してきた。私たちにも太陽の光を〜!

緑いっぱいの緩やかな下りとマッターホルン

ここからはゆったりとした下りが続きます。

自転車で下る人画像
自転車コースにもなっているので、3人の自転車組が私たちを抜いていきました。

奥に見えるのは、ツムット氷河。
昔の氷河のあった高さまで、跡が残っていますが、今はかなり少ない。地球温暖化を間近に感じられる瞬間です。

モコモコの羊画像
モコモコの羊さんだ!
ツェルマットの羊は、このモコモコタイプが多くて、可愛いのです。

歩いていると、だいぶ太陽も出て明るくなってきました。

遠くに氷河の画像

いかにもマーモットが出てきそうな、草地です。
リサーチによると、この辺りはマーモットがたくさん見られるそうですが、この日は寒かったのか全く姿を現しません。

シュタフェルアルプから見る、なだらかなマッターホルン

三角のとんがりが有名なマッターホルンも、見る角度が違えば、形も違うのです。
マッターホルンは、北側から眺めるとかなりなだらかなのです。

かなりなだらかなマッターホルン画像近すぎて、見上げる格好になっているから?だけではないようです。

マッターホルン画像
やっと青空も見られ、いい天気になってきました。あぁ、マッターホルンと青空、会いたかったぁ!

シュタッフェルにある可愛らしいレストランで、近くにいた日本人ガイドが「この辺りにすっごく美味しい◯◯があるから、絶対に食べた/飲んだほうがいい!」と力説しておりました。ミルクティーだったかなぁ・・・

場所もこのレストランではなく、近くの牧場の話だったと思いますが…。

ま、そのレストランも過ぎ、可愛らしくぶら下がった小さなゴンドラも過ぎ、しばらくまっすぐ歩いていたら…

道を間違えた??

前から歩いてきた老夫婦に尋ねたところ、言葉が通じず。でも、なんか違う方を指差してブリッジがなんとかかんとか。

わかったことは、このまままっすぐ歩いていくと、ゴンドラ駅のあるフーリへ行ってしまうことと、橋を渡れってこと。

標識を見逃したのかなぁ。かなーり戻って橋への道を見つけました。

ツムット方面へは、ダム湖の橋を渡る

橋の方へ降りていくと、そこはツムットバッハダムというダム湖がありました。ダムにかかった橋を反対側へ向かいます。

あ、隊長が突然、水を噴射しましたね。

ダム湖で遊ぶ画像

反対側の道は、ずっと見晴らしのいい川沿いのコース。
太陽も出てきて、すっかり暖かくなりました、お花もたくさん咲いていますね。

花の道画像

ツムット村は、お花いっぱいの小さな集落

しばらく歩くと、小さな集落の屋根が見えてきました。ツムット村だ〜!

遠目のツムット画像
すごく密集していますね。降りていくと、こんな感じ。

ツムット村内の画像

谷に昔からひっそりと佇む小さな村。雰囲気は満点です。

レストランも幾つかあり、ハイキング途中のお客さんがいっぱい入っていました。

お花のあるツムット画像
アルプスらしい木造の家と、鮮やかなお花がとってもいい感じ。

パン休憩ができそうなところはなかったので、しばらく歩いたところのベンチで休憩をしました。

コースのところどころに、こんな木彫りの彫刻があり、楽しませてくれます。

マッターホルンに最初に登頂人の説明や、マッターホルンに登山鉄道の計画があった話などのストーリーもありました。

木彫りのクライマー画像
ここまできたら、もう直ぐツェルマットです。

晴れているときは、マッターホルンはすぐそこ

前半の天気がかなり悪かったため、至近距離でのマッターホルンが拝めなくて残念。他のブログなどで写真を見ると、驚くほどの距離感ですよ。

コース全体としては、ずっとなだらかな下りで、約4時間半。初心者や年配の人でも歩けます。是非、晴れているときに行きましょう。

 

ツェルマットの村の様子と他のハイキングコースはこちらへ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]