Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

ヘルシンキ~ロヴァニエミ間を走る、夜行列車【サンタクロース・エクスプレス】にかしこく乗るために!!チケットの種類と寝台タイプを把握しよう!

calendar

フィンランドで長距離列車に乗りたいのに、列車用語や表示を理解するのに苦戦している旅人さん。その苦労、とーってもよく分かります!!

ヘルシンキ~ロヴァニエミ間を走る、夜行列車に乗ってきたあそび隊も、チケットの種類やら寝台タイプやら、表示の仕方を理解するのに、やたらに時間がかかりました。

だから、今回は、長距離列車のチケットをスムーズに買うために必要な知識、

をお届けしたいと思います!

アナタのフィンランド列車の旅。少しでもお役に立てれば、これ幸い!!

スポンサーリンク

【サンタクロース・エクスプレス】は存在しない!?正式名称は・・・

ロヴァニエミ空港の画像
ヘルシンキとロヴァニエミを結ぶ、フィンランドの夜行列車「サンタクロース・エクスプレス」。日本のガイドブックやEurailなどのチケット予約サイトでも、その名で通っています。

しかし実は、正式名称は・・・Night Train。至って、シンプル!!

運行会社である、フィンランド鉄道(VR)の公式サイトのどこをみても、「Santa Claus Express」と明記されていないので、ご注意あれ!!

チケットを買うときには、Night Train で検索!ですよ。

【夜行】と【昼便】では、所要時間が異なる!ヘルシンキ~ロヴァニエミ

ヘルシンキからロヴァニエミまでは、約830km。

夜行であれば、所要時間はだいたい12時間(直行便)。乗り継ぎ便のほうがちょっとだけ早いけど、乗り換える手間を考えると、直行便の方がいいかな~。

昼便の所要時間は、7~8時間ほど。直行便は少なめで、寝台車両はついていませんが、ゆったりと座れるシートや、食堂車の2階席なども選べます。詳しくは、下記をご覧ください。

冬の景色を楽しみながら、のんびりと列車の旅をするのも、いいかもしれません~。ワイン片手に。

ふむ、今度はそうしようかなぁ。

【時刻表:ヘルシンキ⇒ロヴァニエミ】
クリックした時点から2ヶ月分の時刻表が表示されます。
夜便はこちらから
昼便はこちらから

【時刻表:ロヴァニエミ⇒ヘルシンキ】
夜便はこちらから
昼便はこちらから

フィンランドの【夜行列車】と【昼便】3つの切符タイプ

さて、気になる運賃ですが、3つの切符タイプによって、異なります(2017年10月調べ)。

3つの切符タイプの画像
【タイプ1】昼便には最強!「Super Saver」

  • 相場:座席は40ユーロ(昼・夜あり)、寝台は100ユーロ(夜のみ)
  • 座席に限りがあるので、早い者勝ち
  • 5ユーロで出発日や時間帯の変更可
  • Cancellation Insurance(キャンセル保証)10ユーロをオプションでつけると、出発前のキャンセル・払い戻し可

要注意!!座席のみなら格安なので、昼便には最適ですが、夜行列車には不向きです。座席でも寝られる・・・という強者さん以外には、おすすめしません。

【タイプ2】夜行列車ならコレがベスト!期間限定販売の寝台付き「Night Train Special Offer」

  • 2017年12/13までの期間限定販売
  • 片道大人1人59ユーロ(寝台付き)※トイレ・シャワー付きの部屋 69ユーロ
  • 座席に限りがあるので、早い者勝ち
  • 出発日の1週間前までに購入する必要がある
  • キャンセル不可
  • 10ユーロで、出発日や時間帯の変更可
  • ハイシーズン(12/1–6, 12/15–20)には、10ユーロの追加料金がかかる

【タイプ3】通常価格の「Basic Ticket」

  • 相場: 座席は60~80ユーロ(昼・夜あり)、寝台は90~120ユーロ(夜のみ)
  • 出発ぎりぎりまで購入可能
  • 5ユーロで出発日や時間帯の変更可
  • Cancellation Insurance(キャンセル保証)10ユーロをオプションでつけると、出発前のキャンセル・払い戻し可

フィンランドの【夜行列車】寝台タイプは3つから選ぼう!

寝台タイプは大きく分けて、3つ。自分に合ったタイプを選んでいきましょう。

寝台タイプの表
【タイプ1】Seat/座席:夜行だとキツイよね・・・

その名の通り、座るタイプ。

夜間12時間の長距離移動。やっぱり、足を伸ばして、フラットで寝られる快適さに勝るモノはありません!

Seat/座席が活躍するのは、昼便ですよ!!

【タイプ2】Sleeping Compartment/個室寝台:プライベート重視

最大2名までの個室。

1人で個室を利用することもできます。ふたり組、カップルさんに、最適です。

10ユーロほどの追加料金で、トイレ・シャワー付の個室にアップグレードできます。

【タイプ3】Sleeping Berth/寝台: おひとりさまにはもってこい

最大2名の、男女別の相部屋。

5ユーロほどの追加料金で、トイレ・シャワー付の部屋にアップグレードできます。

おひとりさまに最適です。ふたり組、カップルさんで利用の場合、上記のSleeping Compartment と料金は同額です。

【補足】寝台列車は、2階建て。1階の寝台は共用トイレ・シャワー、2階はプライベートトイレ・シャワーとなっているようです!

フィンランド【昼便】3つのSeat/座席タイプ

昼便には、Seat/座席しかありませんが、8時間ほどの移動ですし、景色を楽しんだり、調べごとをしたり、居眠りしたり、カードゲームしたり・・・そんな風に過ごしていれば、きっと、あーっという間。

寝るだけの夜行とはひと味違った楽しみ方ができそうです!

昼便のSeat/座席は選べる3種類。

座席タイプの表
【Seat】は、普通座席。
乗車する列車にもよりますが、ボックスシート、家族向けシート、子どものプレイルームに近いシート、仕事向けシートなど、さまざまな種類から選べます。追加料金はかかりません。

【Seat in Extra Class】は、グリーン車みたいな感じでしょうか。普通座席+17ユーロで利用できます。
普通席よりもゆったりシート。新聞がつき、コーヒー、紅茶、お水が無料で飲めるサービスつき。

【Seat upstairs in the restaurant car】は、食堂車の2階席。普通座席+11ユーロで利用できます。
ゆったりシートで、景色を堪能。食事を楽しみながら、優雅なひとときを送るのもいいですね。

フィンランド【夜行列車】と【昼便】、いちばんお得に乗車するなら?

長々と、フィンランドの長距離列車についての豆知識を書いてきました。ふぅ~。お付き合い、ありがとうございましたっ。

最後にもう一度、おさらいです。

  • 夜行列車に乗りたいアナタが狙うべきは、Night Train Special Offer!!寝台つきで59ユーロ!
  • 昼便に乗りたいアナタが狙うべきは、Super Saver!!通常価格のほぼ半額で、乗車することが可能です。

やっぱり、旅をするなら、お得に、ね。

あとは、どんな寝台タイプにするか、座席にするか。あなたにおまかせ~!

ぜひぜひ、フィンランド列車の旅を楽しんでくださいませ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]