Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

夜行バスで国内旅行!あそび隊オススメのシートタイプやバス選びのポイントは?

calendar

あそび隊が、国内旅行をするときにお世話になっている、夜行バス。

安いし、寝ていれば目的地に到着するし、不便な旅もキライじゃないし。

世間では、狭い、シートが倒せない、ゆっくり休めない…

と、敬遠されがちだけれど、今の夜行バスって、ひと昔のモノよりはるかに進化しているんですっ!

今回は、夜行バス利用を考えている旅人さんの
不安やギモンに少しでもお応えすべく、

  • バスシートタイプ
  • バスを選ぶときの決め手
  • 乗車時の服装と必需品

をご紹介します!
それでは、いってみましょーう!!

注意:あそび隊の体形(身長160㎝、中肉中背)に基づいて書いています。

スポンサーリンク

夜行バスのシートタイプってナンデスカ?

夜行バスには、さまざまなシートタイプがあります。

夜行バス比較サイトを見てみると、

  • 4列シート
  • 4列ゆったり
  • 3列(独立)
  • 3列(2列+1)
  • 2列
  • 完全個室型

こんな風に表示されていることが多いです。

窮屈さよりも安さ重視!4列スタンダード

「4列シート(スタンダード)」は、
修学旅行とか日帰りバスツアーなどの、いわゆるフツーの「観光バス」。

だから、車内は窮屈です…。

足が伸ばせない、
リクライニングの角度もあまりない、

その代わりに、格安で乗車できます。

あそび隊も、群馬から大阪に向かうときに利用しましたが、

あれは、なかなかハードなバス旅だったな…。

快適なバス旅とは言えないので、本当に安く済ませたい旅人さんにしか、おすすめはできません。

ふたり旅ならアリかも…4列ゆったりシート

4列ゆったりは、バス会社によって呼び方が変わります。

「4列のびのび」、「4列楽のび」、「4列リラックス」などなど。

簡単に言えば、4列スタンダードよりも、足を広々と伸ばせます。

あそび隊も、以前はよく利用していました。

ふたり旅であれば、隣に知らない人が乗ることもないしね。

ただ、やっぱりシート幅がちょっと狭いんだよね。

あそび隊オススメ!やっぱり安心の3列シート

あそび隊がいつもお世話になっているのが、3列シート。

3列シートは、4列に比べると、ゆったり座れるし、
ちょっとだけラグジュアリー感も味わえます(笑)

3列シートには、タイプがふたつ。

「3列独立タイプ」と「2列+1列タイプ」。

「3列独立」は、3列それぞれの間に通路があります。
で、「3列(2+1)」は、2列と1列の間に通路が。

この違い、私たちはあまり気にしないので、どちらもよく使います。

どの列の座席がいいかと聞かれれば、やはり窓際でしょうか。

窓際であれば、プライベートカーテンがついているバスも多く、

周りのことを気にせず、自分の時間を楽しめます。

プライベート感を保ちたい旅人さんは窓際!をオススメします。

3列シートのバスは、4列ゆったりシートに比べれば、
値段も少しは高くなります。

でも新幹線に比べれば、はるかに安く済ませられるしね。

いつかは乗ってみたい!?2列シート&完全個室型「ドリームスリーパー」

あそび隊も体験したことのない2列シート。

一体、どんな感じなんだろう。

一説によると、座席は座り心地を重視していて、シート幅もゆったり。

2列であれば、プライベート感も十分でしょうね~。

しかし!!!それをさらに上回る、
「完全個室型ドリームスリーパー」というタイプも登場しています。

ドリームスリーパー公式サイトを見てみると…
もはやバスとは思えません!!
お値段も…(笑)

新幹線(東京⇔大阪)が、1万3千円ほど。
それと同等、もしくはそれ以上です…。

でも、ドリームスリーパーという名前だけあって、シートへのこだわりがすごい!

なんでも、NASAの理論に基づいて開発されたシートだとか。

深い眠りにつくことができるようですよ~っ。

うう~む、いつかは乗車してみたいもんですな。

夜行バスを選ぶときの決め手はドコデスカ?

ほんと~にたくさんのバス会社さんが、夜行バスを運行しています。

有名なところで言えば、Willer travelVipライナーさくら観光などなど。

あそび隊は、特にコレ!というお気に入りの会社はなく、
いろんなバス会社さんを利用させてもらっています。

毎回ちがうバスに乗る楽しみがあるってもんです。

でも、必ずチェックするポイントがあります。

バスを予約する前に、各バス会社の公式サイトで必ず確認すること。

それが、シート幅(座面の幅)!!

バスによって、シートピッチ(前後の座席との距離)やリクライニング角度、

フットレスト、レッグレストの有無などが異なります。

中でも、シート幅は、あそび隊も必ずチェックする項目です。

コレ、広ければ広いほどイイ!!
…とあそび隊は思っています。

3列シートの場合、だいたいが45~47㎝ほどでしょうか。

でもね、この間、体感しちゃったんです。
シート幅、なんと、驚きの70㎝!!!

これね、ほんとーによかった!

睡眠時、同じ姿勢で寝るのはツライので、
あれこれ姿勢を変えるのですが、

シート幅が狭いと、寝返りが打ちにくくて仕方ない…。

でも70㎝もあると、そうした苦しさがあまりアリマセン!

そこまで広いシートも珍しいですが、

やはりシート幅があるほうが、快適なバス旅が送れるな、と痛感しました。

あそび隊が乗車した、シート幅70㎝のさくら観光の『さくらクオリティーエクスプレス』の公式サイトはこちらです。

夜行バスに乗るときの、服装や便利なアイテムはナンデスカ?

どんな服装でバスに乗り込む?

車内での服装なんて、なんだってイイ!と基本的には思っています。

が、あえて言わせてもらうなら…

ゆる~い、ダボっとしたモノをおすすめします。

締めつけ感のない洋服は、カラダもココロもゆるみ、ほんとラク。

食べすぎてちょっとお腹が出ちゃったとき、

ズボンのボタンをひとつ外すと、なんとも言えない解放感が生まれるでしょ?

あんな感じです(笑)

車内では、少しでも快適に過ごしたいもの。

だから、あそび隊にとって、締めつけはNGなのです。

快適なバスの旅に役立つ、便利なアイテムは?

手持ちのリュックは預けるか、もしくは上の棚に。

自分の周りに置くものは、

  • 貴重品(お財布、携帯など)
  • ネックピロー
  • アイマスク
  • 耳栓(オススメ!)
  • 上着
  • 飲み物

こんなもんですかね。

こまごましたモノは、一つの袋にまとめておくと便利です!

あそび隊新人のように、音に敏感な旅人さんは、耳栓は必需品!!

車内に怪獣がいるかもしれないし、走行中の音が気になるかもしれないし。

また、車内は結構寒いこともあるので、寒がりさんは上着がマスト!

あとは、マスクやメディキュットなどの着圧ソックスなど、

必要に応じて準備すればOKだと思います。

おわりに…

慣れてしまえば、なかなか快適な高速バス!

夜中に出発するときの、あのドキドキわくわく感。

まだ味わったのことのない旅人さん!
ぜひ、バス旅デビューをしてもらいたいなぁ。

バス予約は、こちらの夜行バス予約サイト【バスリザーブ】などで行えますよ。

それでは、快適なバスの旅、いってらっしゃ~い♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

12/10〜「旅ものがたり展」やります

旅ものがたり展の画像

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]