Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

チェコビールを楽しむ方法【準備編】ビールの銘柄&相場を知っておこう!

calendar

reload

チェコビールを楽しむ方法【準備編】ビールの銘柄&相場を知っておこう!

18泊したチェコ滞在で、ビール三昧の日々を送ったあそび隊(新人のみ)。

あまり知られていないけれど、チェコはビール大国!一人当たりの消費量が世界一!!なのだ。

ビールさえあれば、おつまみなんていらない生粋のビール人ばかり。

せっかくなので、そんなチェコで、ビールを余すことなく楽しみましょう!!

スポンサーリンク

まずは、ビールに関するチェコ語を学ぼう!!

ビアホールやレストランによっては、英語が通じないところもあるし、チェコ語オンリーのメニューしか置いていないところも。

しかも、ビールに関してあまり知識のないあそび隊は、メニューを見てもさっぱり…。

そうした経験を踏まえて、チェコビールを楽しむために必要なチェコ語を、ちょこっと紹介したいと思います!!

  • ビール:pivo (ピヴォ)
  • ビアホール:pivnice (ピヴニッツェ)
  • 居酒屋:hospoda(ホスポダ)
  • 醸造所:pivovar (ピヴォヴァール)※自家製ビールが置いてあります。
  • ラガービール:ležák(レジャーク)
  • ライト:světlý(スヴェトリー)
  • ダーク(黒): tmavý /Černý(トマヴィー/チェルニー)
  • 無濾過:Nefiltrované(ネフィルトロヴァネー)
  • 殺菌されていない:Unpasteurized(アンパステイリーズドゥ

そもそも、あそび隊と同じように、ビールにそこまで詳しくない…というあなたは、こちらの『ビール入門ガイド』を読んで、勉強してみましょう。

さくっと読めて、非常に勉強になりました w

チェコに行く前に知っていたら、もっと楽しめたのにな…と思います。

もう一つチェコに行って、なんだ、これ?と思ったこと。

それが、バリング度数

ビアホールなどに行くと、ビールの名前の横に、10°とか12°とか度数が書いてある…。

最初は、
ま、ま、まさか、アルコール度数!!?
なーんて、おばかなことを思いましたよ。

これは、麦汁濃度というものらしい。
数字が高いほど、重たく、コクがあるとか。

チェコでは、10~12°が一般的なようですよ~。

さすが消費量世界一!チェコビールの銘柄の数は、半端ない!?

スーパーに行けば、ずらっと並ぶチェコビール。銘柄もたっくさん!!

あそび隊もいくつかトライしましたが、正直、ビールは詳しくない…。

結果、どれを飲んでも「おいしい~!!」でしたね 笑

有名どころをあげてあるので、ご参考までに。

ピルスナー・ウルケル Pilsner Urquell(ボヘミア西部 ピルゼン)

チェコで最もポピュラーなビール。
ピルゼン Pilsen で生まれた、ピルスナー・ウルケルは、ピルスナースタイルの本家本元。

今や、日本をはじめ、アメリカ、カナダなど、世界中で愛されているビールの多くは、このピルスナースタイル!

ま、あそび隊にビールの難しいことはワカリマセンが、
ビール業界で、ドン的な存在なのだな、と理解しました。

透き通る黄金色!すっきりとしたのど越し!が楽しめます。

ウルケルは、日本でも飲めますが、本場で飲むのが、またいいんだよね~。

ちなみに、現地オプショナルツアーで、ピルスナービール&ボヘミアングラスの工場見学ツアーを発見!!

へ~、こんなのもあるんだね。

ブドヴァイザー ブドヴァル Budweiser Budvar(南ボヘミア チェスケ・ブジョヨヴィッツェ)

ブジョヨヴィッキー ブドヴァル社 Budějovický Budvar が、手がける銘柄。

ピルスナー・ウルケルと並んで、チェコビール代表格。

アメリカのビールとして有名な「バドワイザー」ですが、オリジナルはこちら!!

アメリカが、このビールのあまりの美味しさに惚れ込んで、名前まで同じにしちゃったんだって。

訴訟問題にもなったようです。

結果ですか??

ええーっと、結果はですね、
たしか、チェコでの販売禁止を条件に、商品化することが許された、だったかな。

チェスケ・ブジョヨヴィッツェに醸造所があり、見学も可能みたい。

気になる方は、Budejovicky Budvar 公式サイト をチェック!

ブジョヨヴィッツェ、何度も行ったけど、その機会には恵まれなかったな…ぐすん

ガンブリヌス Gambrinus

ピルスナー・ウルケルを手掛ける会社が、出しているビール。

ウルケルよりも低価格で、お買い求めできるのが魅力的。

Original 10° や、unfiltered ležák 無濾過ラガーなどが楽しめるようです。

スタロプラメン Staropramen (プラハ)

プラハに醸造所を構える、スタロプラメン Staropramen

国内生産量は、トップクラス。

ライトラガーの Staropramen Premium だけでなく、黒ビール Staropramen Dark や セミダークStaropramen Granat もあります。

現地オプショナルツアーで「スタロプラメン醸造所見学」も、申し込めるようです。

その他の銘柄

ほかにも、ブラニーク BRANÍK や、中央ボヘミアを代表するビール、クルショヴィッツェ KRUŠOVICE (公式サイトはチェコ語のみ) など。

大型スーパーのビール売り場に行くと、何が何だか分からないほど、たくさんの種類があります。

ま、とりあえず、有名どころを、手あたり次第飲んでみるのも、アリなのでは?

なんてったって、1本100円ほどで買えますから!!

チェコビールの気になる価格。相場はいかほど?

※2017年12月現在のレート(1CZK≒5円)をもとに、計算しています。

もともと物価の安いチェコ。

ビールも例外ではありませんが、
買うところ、飲むところによって、もちろん価格は変わってきます。

ま、結論から言って、どこで飲んでも、日本より安いことは間違いありません。

チェコビール、スーパーマーケットでの相場は?

当然、銘柄によって異なりますが、価格が高めに設定されているピルスナーウルケルでも、25CZK≒130円(500ml)ほど。

相場としては、だいたい15~18CZK ≒ 77~93円 で、買えると思います。

そして、ビンよりも缶の方が高いっ!!

そういえば、ヨーロッパは、瓶ビールが主流ですね。

というか、日本ほど缶が主流な国もめずらしんじゃないかと。

どうして、日本は缶が主流なんだろう…
ビンの方が再利用できて、エコだと思うんだけど。

現にドイツなんて、瓶を回収⇒洗浄して、40~50回は再利用して使うとか!

国民も、そのことに納得して、重たい瓶をふつーに買っていくのに。

ううむ、さすがは市場社会ニッポン…「便利で手軽」が大事ってわけか!?

こういうとき、日本はまだまだだな…と思うあそび隊なのです。

チェコビール、ビアホールやレストランでの相場は?

ビアホールやレストランでの相場は、47CZK ≒ 250円(500ml)ほど。

スーパーの倍、といった感じでしょうか。

それでも日本に比べれば安いし、レストランに入ると、ついつい頼んじゃうのだ。

オシャレなレストランで、ビールを一杯サクッと飲む。

こんなかっこいいことが、チェコでは、安くできてしまう!!

ただ、高級レストランとなると、話は別。
150CZK ≒ 770円(500ml)するところもっ!

また、旧市街広場などにあるレストランは、観光客を相手にしているので、相場より高めになるので、ご注意あれ!!

 

さて、【準備編】はこの辺にして、いよいよ次回は【実践編】。

スーパーやビアホールで、ビールを思いきり楽しみましょう!!

チェコビールを楽しむ方法【実践編】へ続く…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]