Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

ヘルシンキのおいしいグルメを食べ歩き!【後編】ハカニエミマーケットで、ほお張るたっぷりサーモンシチュー

calendar

reload

ヘルシンキのおいしいグルメを食べ歩き!【後編】ハカニエミマーケットで、ほお張るたっぷりサーモンシチュー

フィンランドの首都ヘルシンキに来てから、すっかり食いしん坊モードのあそび隊。「ヘルシンキのおいしいグルメを食べ歩き!【前編】」では、絶品シナモンロールと、地元の人に人気のハンバーガーを紹介しました。

さて、【後編】は、サーモンシチューを求めて、マーケット散策にしゅっぱつだー!

ヘルシンキ食べ歩きmap

スポンサーリンク

サーモンシチュー Lohikeitto を求めて!

フィンランドで食べたいものリストに入っていた、サーモン料理。物価の高いフィンランド、さらに魚介となると、値段が…ね。でも、食べない訳にはいきません!なんてったって、食いしん坊モードなので!

定番は、サーモンシチュー。フィンランド語では、Lohikeitto ロヒケイット。スーパーマーケットでも、レンジでチンするスープが売っているほどです。

でもせっかくなので、マーケットの屋台で、青空のもと、シチューを頬張ってみよう!!

にぎやかな観光スポット!エテラ港の Kauppatori カウパットリ(マーケット広場 )

マーケット広場の画像
ヘルシンキは、昔から市場が盛んだったようで、今でもあちこちで開かれているんですね。

マーケット広場の画像
青果市場だけでなく、食べ物の屋台や、北欧らしい雑貨やニット帽子などのみやげ物店もたーくさん。しっかし、このマーケット、観光客が非常に多く、それゆれ、値段も結構お高め…。サーモンシチューは、8ユーロくらいだったかな。

オールドマーケット室内画像
Kauppatori から南西に歩いて5分。1898年に開業した Vanha Kauppahalli (オールド・マーケットホール)は、2014年にリニューアルオープン。

こちらも、野菜、肉、果物、チーズ、ケーキやパンなど、あらゆるものが売られています。

オールドマーケット室内のカフェ画像
カフェなんかもあって、もうね、オシャレすぎでしょ!!ステキすぎでしょ!!

ローカル感が魅力!ハカニエミ市場 Hakaniemen Tori

やっぱり、もっとローカルなところがいいなぁ・・・ということで、見つけたのが、Hakaniemi ハカニエミ マーケット広場。

エテラ港からは少し離れているけれど、散歩がてら行ってみることに。20分くらい歩いたかな~。

ハカニエミ市場の画像
ハカニエミは、観光客もまばら。うん、うん、いいね、こういうの。値段も、若干安め。

ハカニエミ市場の画像2
テントカフェでくつろぐ人も地元らしき人が多く、みなさん、仕事の合間に立ち寄っている感じでした。

じゃあ、私たちもここで、サーモンシチューランチ決定!

サーモンシチューの画像
屋台は2、3軒あり、一応、価格とお客さんの入り、なんかを見比べてから購入。

青空の下、ほお張るシチューは、温かく、素朴で、ボリュームもあり、なかなか美味しかったな。コーヒーとパンがついて、6ユーロくらい。

一緒に食べるパンは、見た目通り、カサカサだったけど、シチューと一緒に食べるから問題なーし。

サーモンのオープンサンド画像
サーモンとアボカドのオープンサンドも、美味しかったですよ。

ハカニエミマーケットホールの画像
ハニカエミマーケット広場にある、赤レンガの建物の中にも、肉や魚を扱う店を始め、ベーカリーやカフェ、また、日本でも人気のあるマリメッコや可愛い雑貨屋が入っていて、見るだけでも楽しかった~。

日本人観光客も、結構いましたよ。

本当は、この赤レンガ内にあるスープ専門店 Soppakeittiö で食べたかったんだけど、10ユーロほどしたし、さすがに2人でシェアするのは忍びないので、諦めました…。

ちなみにそのお店、Vanha Kauppahalli(オールド・マーケットホール)にも入っているそうです。今度行ったときは、ぜーったいに食べる!!

【番外編】サーモンやニシンの酢漬けもお忘れなく!

ヘルシンキで食べたものではありませんが、ロヴァニエミのオーナスバーラで泊まった宿の朝食が忘れられません!!

オーナスバーラ、宿の朝食風景
ビュッフェスタイルの朝食。サラダ、ハム、チーズ、ヨーグルト、パン、ポリッジ(オーツ麦のおかゆ)、ワッフルなどなど、品揃えもよく、見ているだけで、うっとり。

特に、ここでハマったのが、サーモンやニシンのマリネ。これが、ほんとーに美味しくて。マリネ好きの新人は、ひとり朝から、がっついていました。隊長は、まーったく覚えていないみたい。

サーモンマリネの画像

フィンランドは物価が高いので、ビュッフェスタイルの朝食付きだと、なんだかとってもお得な気分。朝から、もりもり食べてしまいました!

そういえば、この酢漬け、スーパーマーケットでもいろいろな種類が売っていたな。こちらの定番なのでしょうね。

【番外編 その2】スーパーマーケットで独特の食文化が明らかに!?

どの国でも、大変お世話になったスーパーマーケット。その国の食文化が垣間見えて、とっても面白い!!

フィンランドのスーパーで、まず驚いたのが、食材やお惣菜など、バラエティーの豊かさ!!もう、そりゃあ、大興奮ですよ。

野菜や果物、量り売りのハム、チーズを始め、美味しそうな惣菜や新鮮な魚介類。サラダバーなんかもあって、パンのクオリティーだって高そう!!久々に、こんなに輝いているスーパーに出会いました。

あまり美味しいものがない、チェコの田舎から来た私たちにとって、全てが美味しそ~に見える…。

暴走する食欲は、もはや誰にも止められない!と思ったけれど、安さ爆発のチェコに比べ、物価の高さが衝撃的… Σ(゚д゚lll)

かなり抑止力となってくれましたね。

フィンランド人は、ライ麦パンがお好き

フィンランドでは、よくライ麦パンを見かけます。もちろん、クロワッサンとかドーナツとか、そういったパンも置いてあったけれど、みなさんが主食にするのは、ライ麦パンのようでした。

あまり、日本では馴染みのないけれど、ライ麦パンって、いろいろな種類があるんですね~。でも、どれも、ずっしりとしていて、固そう…。

カレリアパイの画像
よく見かけるカレリアパイ Karjalanpiirakka。アワビ型のライ麦パン生地の上に、卵やポテトやライスがのっています。

何度か食べたけど、うん、味は比較的、淡白…ですな。ライ麦なので、体に良いことは確かだろう。

そういえば、市場の屋台で食べたサーモンサンドに使われていたパンも、ライ麦だったな~。

アメちゃんコーナーにズラリと並ぶ、なぞだらけの真っ黒いアメ

お菓子コーナーには、真っ黒なグミやアメがいっぱい。ナンダコレハ??

サルミアッキの画像
この黒い物体、 Salmiakki サルミアッキと呼ばれ、フィンランドをはじめ、主に北欧で有名なモノらしい。

原材料は、甘味料で知られる「甘草」と「塩化アンモニウム」。もともとは、のどの痛みや咳を和らげる薬として、薬屋さんでのみ販売されていたようです。

しかし、ほのかな塩味とその独特のアンモニウム臭で、世界一まずいアメと言われているとか。実際に食べたことのある、おせんべいさん*に、「まずいですよ」と言われたら、買う理由もありません。

でも、こんなにお店に並ぶってことは、地元では大人気のようですね。普通に食べているそうです…。

*おせんべいさんは、フィンランドに留学中の、隊長の教え子です。

ヘルシンキの食べ歩きを終えて

オシャレで、おいしいものがあふれているヘルシンキ。

ぷらっと、まち散歩に出かければ、ステキなカフェやレストラン、ベーカリーがあちこちに。ほんと、誘惑がたくさんです・・・。

でも、せっかくなので、ときには、その誘惑に負けてもいいかな~、なんて思えるほど、ステキなところでした。

 

ヘルシンキの美味しいものを探している方へ、こんな現地ツアーもありますよ。要チェックです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あそび隊いち押しの2018年カレンダーはいかがですか?

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]