Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

チェコで絶対に食べたいオススメお菓子!ぐるぐる巻きのトルデルニーク!!

calendar

あまり食にこだわりが見られないチェコ…。

それでも、これおいしい~っ!!と思ったのが、くるくる巻きのトルデルニーク!!

今日は、あそび隊もハマった、あま~いお菓子のお話です。

トルデルニークの豆知識や相場、お店選びのポイント、オススメのお店など、盛りだくさんでお送りします!!

スポンサーリンク

ぐるぐる巻きのトルデルニークって、どんなお菓子?

一言でいえば、トルデルニークは、パンみたいなお菓子。

鉄の棒に、小麦で出来た生地をくるくるっと巻き、砂糖をまぶし、じっくりと焼き上げる。

円筒状の、独特な形が、また愛らしいっ。

トルデルニーク製造過程
表面がこんがり焼けて、砂糖がキラキラと輝いたら、砂糖やシナモン、アーモンドなどを周りにたっぷりつけて、いただきます。

香ばしい匂いにつられてね、ついつい買ってしまうのですよ。

最近では、トッピングも豊富なのかな。アイスクリーム乗せまでありましたよ。

あそび隊が訪れた8月は、ものすごく暑くて、多くの旅人さんが、この、トルデルニークアイスクリーム乗せを頬張っておりました。

でも正直、プレーンが一番おいしいと思うけどな~。オーソドックスで。

だって、トルデルニークのおいしさである、表面のカリカリ感が、アイスで損なわれちゃうじゃない??

実は、トルデルニークはチェコの伝統お菓子じゃない!?

トルデルニークは、本来、クリスマスマーケットの屋台に並ぶお菓子だそうです。

寒い寒い冬に、アツアツのトルデルニークを頬張りながら、チェコの街を歩く…。

日本でいうところの、木枯らしが吹く日に、アツアツの石焼き芋を頬張る…的な感じでしょうか。

うん、そりゃ、文句なしで幸せだわ~っ。

クリスマスシーズンの名物菓子が、プラハやチェスキークルムロフでは、いつだって食べられます。旅人にとっては、うれしい話だ。

しかしこのトルデルニーク、伝統菓子かと思いきや、そのルーツは実にあいまいなんだとか。

30歳以上の大人に聞くと、「小さい頃に食べた記憶はない!」と答える人も多いんだって。

だから、最近になって、チェコ料理として浸透したのかもしれないし、

大昔に存在していたレシピが、最近になって復活したのかもしれないし、

実のところは、よく分かっていないみたい。

でも、今では、チェコのお菓子として確たるポジションにあるわけで。

チェコを訪れる観光客を、幸せにするあま~いお菓子であることには、変わりないのだっ!

物価が安いチェコなのに、トルデルニークは、案外いい値段するね…

プラハやチェスキークルムロフなどの観光名所には、たくさんのトルデルニーク屋さん。

お店によって、価格が大幅に変わる、ということはアリマセン。あ、でも、50円程度ちがうかも!

全体的に、チェスキークルムロフより、プラハの方が高め、かな

というか、物価の安いチェコなのに、トルデルニークは、なかなかいいお値段…。

トルデルニーク屋の看板

観光客向けのお菓子…と言っても過言はないでしょうね。

だって、プレーンのトルデルニークで、60CZK ≒ 300円 ですよ?

カフェやレストランで飲むビールよりも高い…。

どういう価格設定なのよ!??

…と、ぶうすか言いながらも、甘いにおいに誘われて、ついつい買ってしまうのです。

トルデルニーク激戦区、プラハ!お店を選ぶときのとっておきのポイント

世界から観光客が押し寄せる、プラハ。

トルデルニーク屋さんも、いたるところにあります。

特に、カレル橋 Charles Bridge から、旧市街広場までの間に、お店が集中しているかな。

カレル橋下のトルデルニーク屋
味にちがいはないだろう…と、あなどってはいけません!!

厚さ、焼き加減、砂糖の量など、お店によって異なります。

奥深き、トルデルニーク!!

トルデルニーク大好きのあそび隊、おいしいお店を探すため、それぞれのお店のこんなところを見ています。

  • アツアツを食べられるかどうか
  • ハエがたかっていないか
  • 厚み・焼き加減はどうか

ポイント【その1】アツアツのトルデルニークが食べられるか

トルデルニークは、焼きたてが一番おいしい!!と、信じてやまないあそび隊。

焼きたてが食べられるかどうかは、重要なポイントです。

でも、お店によっては、焼いてから時間の経ったものを販売しているところも。

だから、焼いたものが大量にストックされているお店は、ハイ、消えたっ!なのであります。

そうなると、必然的にアイスクリーム乗せのトルデルニークも、ハイ、消えたっ!

だって、アイスを乗せるために、アツアツのトルデルニークを冷まさなきゃだもんね。

そろそろ焼き上がりそうなトルデルニークがあるかを見て、並んでいる人の数や、ストックされているトルデルニークの数も、頭に入れて…

こんなにトルデルニーク店探しに必死になって…
どんだけ好きなん?…って、感じです。

でも、これだけ吟味を重ねて選んだお店だとしても、アツアツをゲットできないことだってあります…ぐすっ

じゃあ、吟味する意味なくない!?とも言えますが、
ま、あれこれお店を探すのも、また旅の楽しみなのでね。

ほんと、焼き上がりのタイミングを見るのは、難しい~。

それでも食べたい、アツアツのトルデルニーク!!

今気づいたけど、もしかして、お店の人にアツアツちょうだい!と、頼んでみるのもアリ??

ポイント【その2】ハエさんがたかっていないか

あま~いにおいに誘われるのは、何も人間だけではアリマセン。

そう、ハエさんです。

マダガスカルでも、たくさんのハエさんと、ご飯の取り合いをしましたな。

屋台で売られているトルデルニークは、焼いているときも、焼き終わってストックされるいるときも、外気に触れた状態です。

そうすると、どこからともなく、ハエさんがっ!

お店によっては、放置されたトルデルニークの上に、数多くのハエさんが、我先に!と言わんばかりにくっついております。

もはや、あれは、ハエさんの食べ物です。

店内で焼いているお店でも、基本、ドアは開けっ放し。

ハエさんが店内に入ってくることだって、そりゃあります。

だから、屋台であっても、店内であっても、
ハエさんのトルデルニークを奪うことがないように、

ハエさんのたかっていないトルデルニークが並ぶ、お店を選ぶことにしているのです。

ポイント【その3】厚さと焼き加減はどうか

私たちの好みは、外はカリッ、中はもっちり!の、厚みのあるトルデルニーク。

厚みがある方が、食べ応えもあるしね~。

遠巻きにお店を見ながら、トルデルニークの厚みをチェックします。

同時に、焼き加減もチェック。

トルデルニーク
砂糖がちょっと茶色く焦げているのが、ベスト。
カリッとしていて、おいしいです。

あそび隊おすすめのトルデルニーク屋さん!プラハ&チェスキークルムロフ

トルデルニークに、なかなかのこだわりを持つあそび隊。

プラハでも、チェスキークルムロフでも、いくつかお店を回りました。

そんな私たちが、オススメするお店はコチラ!

プラハのトルデルニーク屋「Trdelník」さん

【住所】Celetná 565/26
【旧市街広場から徒歩5分】

プラハおすすめのトルデルニーク屋
旧市街広場から火薬庫に向かう道沿いにあります。

値段は、Original Trdelnik オリジナルトルデルニーク、60CZK ≒ 300円。

ここのトルデルニークは、厚みもそこそこあり、中はもっちり、表面はカリカリ。

プラハのトルデルニーク

焼きたては、もっちりしていて、さらにうまい!!

チェスキークルムロフのトルデルニーク屋「MLS Širok」さん

【住所】Široká 80
【スヴォルノスティ広場 Nám. Svornosti から徒歩5分】
公式サイトはこちら

チェスキークルムロフにも、たくさんのトルデルニーク屋さんがあります。

中でも有名なのが、MLS。チェスキークルムロフだけで、なんと5店舗もあります!


店舗によっては、トルデルニークだけでなく、クレープなども店内で食べることができます。

どこの店舗も味は同じかと思いきや、そんなことはアリマセン…。

私たちのお気に入りは、MLS Široká 店。
Krumlovský mlýn の隣にある屋台です。

トルデルニーク
焼き上がりに、結構時間がかかりますが、厚みもそこそこあり、もっちり系。

カリッとした表面が、たまりませんっ!

って、もしかしたら、焼いてくれる人によっても違うのかもしれないけどね…。

ぜひ、トルデルニークをご賞味あれ!

チェコにいったら、ぜひ食べてもらいたいトルデルニーク。

いくつかのお店をまわって、食べ比べ!!なーんて言うのも、楽しいでしょうね。

あま~い幸せを、どうぞ楽しんでくださいな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]