Enjoy the Earth! ちきゅうとあそび隊

旅のテーマで決まる、旅に必要な持ち物

calendar

reload

旅のテーマで決まる、旅に必要な持ち物

旅に何をもっていくか。

それは、何をテーマに旅をするか、どこを旅するか、によって変わるもの。

世界の絶景ビーチを見たい、とか、世界遺産めぐり、とか、電車の旅、とか。人によって、旅のテーマはちがうから、持っていく必要のあるものが異なるのだって当然。

海がテーマの人は、水着が必要。でも、私たちには必要じゃない、みたいにね。

スポンサーリンク

自分の旅テーマを考えよう

まずは、自分の旅テーマについて、考えてみよう。どんな旅にしようかな・・・。

自然が第一

木の間からユングフラウ画像
自然が大好きな私たち。ハイキングやキャンプなど、やっぱり自然を感じることのできる活動をテーマにしよう!サイクリングやジョギングも、私たちの旅をカタチづくる大切な要素。

  • スイスには1ヶ月間滞在し、週4ペースでハイキング。今思えば、ストイックな毎日…。
  • オランダでは1週間の周遊サイクリング。
  • 日照りと戦う2泊3日のマダガスカル、カヌーキャンプ。
  • タスマニアでは、大自然を感じながらのキャンプ生活。

とにかく、自然を楽しむことカラダを動かすこと、がメインだ!

現地の人のくらしや考え方に触れる

アンタナナリボのちびっこの画像
いつだって、どこでだって、できるだけ地元の人の生活や考え方に触れたい。自分たちに刺激を与え、常に新たな風を送り込んでくれるモノだから。

スーパーマーケットや市場に行けば、その土地の名産や食文化が見えてくるし、町を歩けば、暮らしの様子が目に飛び込んでくる。地元の人と話せば、国民性みたいなものも、ある程度は見えてきたり。

こちらが触れようとすればするほど、本当にたくさんのことが見えてくる。

余暇の過ごし方、自然に対する考え方、仕事との向き合い方、食に対する考え方、子育ての様子、小学校のあり方、ときには、生き方そのもの…。

新たな考え方に触れ、その都度、自分の生活を振り返り、自分の考え方を見直し…。

自分が「正しい」と思ってやってきたことが、果たして本当に「正しい」ことだったのか、なんて考えさせられることもあるし、自分の価値観が音を立てて崩れていくこともあるけれど、そういうのが新鮮で、面白い。

凝り固まった考えなんて、つまらないしね。

常に前を向いて、変化を恐れない人でありたいなぁ!と。

ふふふ、結構、深い旅でしょ!?いつも、おちゃらけたことをしているだけではナイのです!!

旅テーマに合った必要なものたち

私たちの旅テーマはアウトドア。必要なものをバックパックとサブバックに詰め込み、総重量は15キロ強。その中で、特に優秀だった精鋭たちを紹介します。パソコン、カメラ、充電器などのガジェット類の紹介は、またの機会に。

持ち物あれこれの挿絵
大事なのは靴

山登りがメインの活動だったので、もちろん山靴は必須。その他、サイクリングやジョギング用に、スニーカー。ぷらす、keen のサンダル。

計3足も…。そんなに靴を持って行く人は、なかなかいないんじゃないだろうか…。

ときたま、ビーチサンダルにバックパック、という旅人さんも見かけましたが、私たちには、無理なんです。だって、私たちの足はそこまで強くない…。しっかりとした靴じゃないと、疲れも溜まってしまう。

だから、重たいバックパックを背負って歩くときも山靴で。

でも、山靴だけだと、朝ジョギングを楽しめない。

マダガスカルやアフリカは、きっと暑いし、サンダルも必要だ。

必要ならば現地で買えばいい、という考えもなかったわけじゃないけれど、どうせ私たちのことだ、現地ではきっと買わないだろう・・・と、計3足持っていくことに決めたのです。

それに、靴はやっぱり履き慣れているものが一番だしね。

魔法のシーツと耳栓

アウトドアがメイン活動だった私たちにとって、トラベルシーツは必需品。スイスの山小屋でも、マダガスカルの宿やキャンプでも、あらゆる場面で大活躍。

トラベルシーツのメリットは、

1、包まれることによる安心感
2、温かい(体感が3℃アップ)

特に、ケッペキの新人にとって、「安心感」はとっても大事。マダガスカルの宿は、いろいろな意味で不安だらけでしたから。

「安心」と言えば、耳栓&虫除けスプレーも忘れずに。

耳栓は、飛行機やバスなどの移動時だけでなく、山小屋やキャンプ場でも役立ちます。人や鳥の声、風、雨など、いろんな音が気になってしまうものですから。

虫除けスプレーは、主にマダガスカルで活躍してもらいました。天敵 Mr.G から身を守る魔法のスプレー。

シーツも耳栓も虫除けスプレーも、私たちにとって、安心感を与えてくれる魔法のアイテムなのです。

すぐ乾く衣類たち

ほぼ毎日のように手洗いをする私たち。そのため、衣類は乾きやすさがポイントです。

中でも、下着と靴下は、速乾性が命。だから、登山用・スポーツ用のものを。

下着や靴下だけでなく、Tシャツや、ズボンだって、綿の長ズボン以外は、手で洗っちゃいます。だから、やっぱり基本は、すぐ乾く優れものたちをチョイス。

もともと山登り好きなので、自分たちが持っていた、山ズボンやTシャツを中心に、持っていきました。

雨の日・寒い日に体を暖める防寒着

山の天気は変わりやすく、山小屋の朝晩はそれなりに寒い。9月のフィンランドは、昼だって結構寒い。

そんなときに、雨がっぱ、軽フリース、ウルトラライトダウンは、体を暖めてくれる強い味方。

雨がっぱは、軽くて小さくたためる山用のものを、新調。最近は、軽量コンパクトのものが出ているので、おすすめです。

軽フリースも山用です。こちらは、もともと持っていたもの。薄くて、暖かくて、さすが山着。

ウルトラライトダウンは、ユニクロさん。十分暖かいし、軽量だし。

お気に入りの服、高価な服はもったいない

せっかくの旅。自分のお気に入りの洋服で、と思っていたけれど、手洗いを繰り返すと、Tシャツもでろでろになってしまうし、下着なんて、下手したら一回り大きなサイズに大変身。ズボンや帽子は、日焼けで、すっかり、カラカラ色へ。

旅が終わったと同時に、お役ご免、となってしまうかもしれません。

そう考えると、大のお気に入りや値段のはるものは、ボロボロになったときにショックが大きすぎるかも?

着やすくて、洗いやすくて、なおかつ、ある程度丈夫な生地。これに限ります。

強い味方の洗濯ハンガーと洗濯石けん

毎日の日課が洗濯だったので、折りたたみ式のハンガーと洗濯石けんは、大切な旅アイテム。

洗濯石けんは、粉末タイプ。プラスチック製のハチミツのボトルに入れ替えて。これがとっても便利。

ドミトリーの2段ベッドは、洗濯干しに最適。ハンガーさえあれば、問題ありません。2段ベッドじゃないときも、ドアノブや、机の端、イスの背もたれなどが、洗濯干しに早変わり。

だから、せっかく持っていった洗濯ひもの出番は、あまりなかったな。

大切なことを書き綴るポケットノート

特にマダガスカルで活躍したポケットノート。小さくて、ポケットにすぽっと入る手軽さがいい。

現地の人から教わった言葉、マダガスカルコーヒーのおいしさのヒミツ、ムカリ(パン)の作り方、それから、子どもたちにあげる名札。

名札は、お菓子をせびる子どもたちに、あげていました。名前を日本語で書いて。

たくさんの言葉で埋め尽くされたノート。私たちの大切な思い出ノート。

必要じゃなかったものたち

持っていったけれど、結局使わなかったものたち。それは、シャンプーと洗濯板。

日本と水の性質がちがうヨーロッパ。日本のシャンプーは、日本の水質に合わせて作られたもの。だから、ヨーロッパで使うと、髪は大変なことに。

郷に入っては郷に従え。シャンプーは現地のものが一番です。

また、洗濯板も全く使いませんでした。洗面台でじゃぶじゃぶ洗ってしまう方が、はるかに簡単だ。

私の「要る」は、あなたの「要る」とは限らない

ここに書き出したのは、あくまで、私たちの旅に必要だったもの。

私たちが「必要だと感じたもの」は、必ずしも、他の旅人さんの「必要なもの」とは限りません。

それぞれの旅スタイル、旅テーマに合った精鋭たちを選ぶのが、何より大事だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも世界の旅はじめませんか?

「ちきゅうとあそび隊」がこれまでの旅で利用した節約方法や、こうすればよかったという情報を無料レポートでお話ししています。

世界一周や長期の旅をしてみたい人には、かなりおすすめな内容ですよ。

➡︎詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

隊長 と 新人

隊長 と 新人

元小学校教員の二人組。
自然が大好きな隊長と、食べること大好きな新人。

教員まっしぐらな人生もカッコいいけど、日本の常識や習慣にとらわれたくない&地球の一員として、もっと世界を感じたい!大自然に触れたい!
という思いから、2016年6月に旅をスタート。ヨーロッパ周遊→マダガスカル→日本→オーストラリア→現在、日本。

”行きたい時に旅ができる人生”を目標に、日々模索中であります。
[詳細]